如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ44話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ44話

「対句の意味」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

乾隆帝は艾児が公衆の面前で皇貴妃を侮辱するとは!と
怒ります。

翊坤(よくしん)宮で目撃された刺客に女官が関わっていないという事実が判明したため、乾隆帝は惢心 (ずいしん)を慎刑司(しんけいし)に送ります。

万寿節の日、李玉は惢心 が慎刑司送りになり拷問を受けると聞かされ驚愕します。

翊坤宮に禁足となった如懿は、万寿節の宴に出席できない代わりに陛下の好きな菓子を作り届けてほしいと言いますが女官は陛下には受け取ってもらえないでしょうと答えます。

如懿は、それは陛下がお決めになること…心配だったら
愉妃預けてちょうだいと言います。

愉妃は渡された菓子の容器に貼ってある対句を見て、如懿の意図を理解し、凌雲徹と李玉に協力を頼むのでした。

李玉は危険を冒し養心殿に入り如懿が私通をしたという
証拠が入っている箱を探し出し数珠を取り替えます。

乾隆帝は愉妃から如懿が作った菓子を渡されると、そこに
〝寿”という文字が書かれていて何か思い当たったのか、
しまってあった数珠を持ち翊坤宮に向かいます。

乾隆帝は如懿に、朕の筆跡をまねて寿という字を書いたのは、そなたの筆跡もまねられたと示唆するためか?と問います。

はい…と答える如懿に乾隆帝は、調べてみようと証拠の箱を開けます。

乾隆帝は、ここ数日 目にもするのも嫌だったゆえ ある場所にしまい鍵をかけていた…だが菓子を贈られ そなたの言いたい事を理解した。安心せよ。この品もきちんと調べると言います。

如懿は、中に入っている便箋を取り出し、確かに翊坤宮の者でない限り入手は不可能です。でも私なら秘密の文に惢心 の名前など書きません。見つかれば危険だからです。
この七宝の数珠も見たことがありません。これが愛の証だなんて捏造ですと訴えます。

乾隆帝は、朕も大師の行動を調べた。あの晩は1人で部屋に籠っており証人はおらぬ。一方、宮中の何人かは そなたと大師が話すところを目撃している。親しげだったと…
と話します。

如懿は、後宮の長として大師と話したのです。祈祷のためで私情はありません。それに刺客が白装束だったという証言だけで大師と決めつけるには無理がありますと言います。

乾隆帝は、だが〝火のない所に煙は立たぬ”と言う…潔白を証明できねば調べるしかない。大師が無罪なら良いが有罪なら厳罰に処すべきだと反論します。

では惢心 は?私と大師が無実なら惢心 が気の毒ですと
心配します。

乾隆帝は、惢心 が拷問を受けてこそ周りの者は納得する。長年 仕える惢心 のことが大切なのは分かる。だが拷問なしに誰も そなたの潔白を信じようとはせぬと答えます。

私のために惢心 を犠牲にしたくありませんと言う如懿に乾隆帝は、そなたの潔白は朕にとって重要なのだぞ!
惢心 を釈放すればそなたには醜聞がつきまとう!噂が飛び交い朕の対面も傷ついている。まだ恥をかかせる気か?
と怒ります。

結局は対面が第一だと?と聞く如懿に乾隆帝は、朕だけの対面ではない。そなたとは一心同体なのだ。そなたの汚名をそそぐことで2人の名誉が守られると口論になります。

如懿は数珠の問題点を語ろうとすると、

李玉が、仏を信じる者は こんな手口で大師を陥れません。きっと仏を信じぬ者の仕業ですと如懿をかばいます。

乾隆帝は、明日 啓祥宮の者たちに七宝の石の名を書かせ皇貴妃字と似ている者を見つける。それから嘉貴妃に紅玉髄の簪を届けよと命じます。

惢心 は?と聞く如懿に乾隆帝は、事実が判明すれば釈放すると答えます。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ44話
(感想)

私が如懿だったら、自分のことを信用しない乾隆帝に
腹が立って 嫌いになりそう😱

タイトルとURLをコピーしました