如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ48話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ48話

「戒めの耳飾り」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

如懿が皇后に冊封されると、乾隆帝との婚礼の儀式が執り行われます。

乾隆帝はやっと如懿を正妻に迎えることができたのでした。

乾隆帝は如懿に、共に生き死んでも同じ墓に永遠に一緒だと言います。

如懿は、私の望みは陛下といつまでも互いに末永く信頼し合うことですと答えます。

乾隆帝は、もちろんだ。いつまでも信頼し合い生きていこうと誓います。

妃嬪たちは翊坤宮に集まり皇后となった如懿に祝いの言葉を述べる中、嘉嬪だけが鮮やかな赤い衣を着ていることを非難されます。

嘉嬪は、正妻とはいえ、後妻でしょ?最初の妻とは違う…
後添い?それとも後釜?と揶揄します。

如懿は、嘉嬪の言うとおり私は後添いの皇后よ。でも言っておくわ…後添いだろうが後釜だろうが誰が継ぐかが重要な点。皇后の経験がないと分からないでしょうけど…
皇后となった福のおすそ分けとして名義を気にする嘉嬪を貴妃に復位させるわと言います。

そして純貴妃に、あなたは妃の中では古株よ。しきたりを守って皆を導いてほしいと言って、純貴妃には瑪瑙と真珠の耳飾りを、嘉貴妃には紅玉髄の耳飾りを贈ります。

如懿は嘉貴人に、あえて紅玉髄を贈ったのは私からの忠告よ。二度と妙な気を起こさぬようにと告げます。

惢心 の仇を取るために容珮は嘉貴人に耳飾りをつけます。  

怒る嘉貴妃に如懿は、陛下と私は一心同体。これは罰ではなく褒美よと言います。

褒美と名の仕返しだわ!と言う嘉貴妃に如懿は、勘違いしないで。私はあなたが目指した皇后の座にいる。だから褒美も罰も与えられる。陛下が妻を自害させた玉氏を罰したように!あなたの過ちは二人の息子にも影響するのよ。よく考えて行動するように…と忠告するのでした。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ48話
(感想)

惢心 の脚は元に戻らないけれど、嘉貴妃に敵討ちして
スッキリしたわ😤

でも、嘉貴妃はまだまだ めげてないのよね〜😱

タイトルとURLをコピーしました