如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ58話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ58話

「抜け駆け」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

皇太后の侍女は炩 妃に、舒妃に薦めたものなのになぜ
躊躇うのですか?と聞きます。

飲め!と命じる皇太后に炩妃 は、お許しください二度と致しませんと謝ります。

何をしたのか言え!と命じる皇太后に炩妃 は観念し、あれは一時の気の迷いです…懐妊した舒妃に嫉妬し腎臓が弱まる薬を加えさせました。第10皇子を害する意図はありませんでした。私は舒妃が美貌を損ね陛下に嫌われればよいと…と明かします。

皇太后は、江与彬は都へ戻る途中で病になり数日 足止めされた。そなたの仕業か?と聞きます。

炩妃は は、はい…宿の者を買収し江与彬侍医の食事に下剤を盛らせたのですと吐きます。

皇太后は、長年 後宮にいるがそなたほどの策士は初めてだと呆れます。

炩妃 は、舒妃に目をかけたのは才色兼備で 皇太后に尽くすからでしょう?でも皇太后に推挙されたため陛下から警戒されました。よろしければ私が皇太后のお役に立ちます。舒妃は真実に向き合えず自害してしまった…心が弱すぎます。私は舒妃のように情愛の泥沼にはまったりしません。舒妃よりお役に立てますと提案します。

皇太后は、この皇宮では野心を持っても偽っても良い…
だが真心を捧げてはならぬ。さもなくば自滅するのみと告げます。

ご教示くださるのは私を使うと言うことですか?と尋ねます。

皇太后は、狡猾なそなたなど怖くて使えるものか…と一瞥します。

百戦錬磨のこうたいが何を恐れるのです?私は貧しい家の出身ゆえ皇太后に尽くせば栄誉なのですと言う炩妃 に
皇太后は、そなたの罪を許し 私の手先になるのと引き換えに守れと言うのか?と聞きます。

皇太后は皇后から炩妃 を守るために、舒妃の百日忌まで毎日皇后の侍女・容珮に毎日頬を10回打たせろ。そうすれば皇后の怒りもおさまろう。私たちの今後の話はそれからだと罰をくだすのでした。

如懿は容珮に、皇太后がなぜ炩妃 に罰を下したのか聞きます。

容珮は、皇子の喪中に歌に興じたことが皇太后の逆鱗に触れたそうですと答えます。

如懿は、皇太后が処罰したなら私は何も言えない…仰せの通りにと言います。

ある夜、愉妃は如懿に、舒妃のことで皇太后が炩妃 を処罰したそうね。突然 舒妃が自害するなんて…どう考えても妙よ…と話します。

如懿は、舒妃は自害する直前炩妃 に会っている。絶対に何か言われたはずよ。慎刑司で調べさせるつもりだったのに皇太后が先に罰を下した以上手を引くしかないと言います。

間もなく、蒙古からバリン部の親王の娘、巴林(バリン)氏が新しい妃として入内します。

乾隆帝は巴林氏を穎嬪(えいひん)に封じて寵愛し、木蘭囲場にも連れていくのでした。

寵愛の復活をもくろむ炩妃 は皇太后に頼り、円明園を抜け出し、進忠の協力を得て木蘭囲場に向かう乾隆帝のあとを追います。

炩妃 は按摩師に扮し、温泉に入っている乾隆帝に近づき歌を披露し寵愛を取り戻すのでした。

一方、如懿の元に李玉から文が届き、木蘭囲場にて炩妃 の寵愛が復活したと書かれていました。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ58話
(感想)

乾隆帝も炩妃 に甘すぎる‼️😤

あんな悪女の策略を許すなんて‼️😓

タイトルとURLをコピーしました