如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ67話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ67話

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

「非情な選択」

炩妃 の母・衛夫人は、娘の懐妊で後宮に入ってくると
生まれて初めて見る物ばかりではしゃいでいました。

一方、御前侍衛・凌雲徹は如懿に、愉妃の甥ジャチは
衛府に出入りし炩妃 の弟・佐禄(さろく)と酒を飲んでいる所を目にしたことが一度あることを報告します。

如懿は、あとは他の者に頼むから仕事に専念してと告げます。

そんなある晩、衛夫人は〝炩妃 が無事に男児を産んで皇后になれますように。元気な男の子が生まれ炩妃 が皇后になれますように。邪悪な皇后め 消え失せろ”と呪詛を唱えていました。

その様子を見た侍女の桃児は養心殿の太監・李玉に報告します。

李玉は、呪術を使ったことが分かると侍女のお前も罰を受けるが、正直に話したから助けよう。そして来年には宮中から出してやる。どんな人形だった?詳しく話せと聞きます。

李玉から報告を受けた乾隆帝は衛夫人を翊坤宮に呼び
呪術について尋問します。

衛夫人の供述は矛盾を生じ、息子や愉妃の甥に飲み食いさせ操っていたことが露呈し、炩妃 も共犯なのではないかと乾隆帝も如懿もその場にいた穎嬪 純妃も疑います。

そんな中、佐禄は愉妃を陥れるためだったと白状します。

自らの関与が露見することを恐れた炩妃 は慌てて翊坤宮に駆けつけると進忠に、ご自身の身を第一に。母親を犠牲にしろと忠告されます。

衛夫人は、佐禄と炩妃 は無関係だと言い張り自分1人の所業だと認め死罪になります。

炩妃 は破水しお産が始まり、難産の末公主が生まれます。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ67話
(感想)

進忠が憎たらしいわ😤

炩妃 は自分の罪も全部母親に着せたけど、

この母娘 性格そっくりだね😱

タイトルとURLをコピーしました