君、花海棠の紅にあらず あらすじ2話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ2話

「掟破りの英雄」

商細蕊(シャン·シールイ)が舞台に出てくると台本を勝手に
改変していることに怒った客たちが、金を返せ!と騒ぎ出します。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は、改変ぐらいなんです。どの役者も同じでは面白くない。彼は私と性格が似ているようだどう興味を示します。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は商細蕊(シャン·シールイ)を非難する客と殴り合いのケンカとなりますが、そのことがきっかけで舞台裏で2人は話をします。

その騒動は商細蕊を疎ましく思う姜栄寿(ジャン·ロンショウ)の息子·姜登宝(ジャン·ドンバオ)の仕業だったのでした。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は警察局長に頼み真相を究明するまで殴った者を釈放させないことを約束させます。

それを聞いた姜登宝(ジャン·ドンバオ)は、拷問されても私の名を決して出すなと手下に命じます。

そんな中、〝北平梨園 慈善公演かい”が催され商細蕊(シャン·シールイ)も呼ばれ演目を披露します。

商細蕊(シャン·シールイ)の態度に憤慨した弾き手が帰ってしまいます。

その話を聞いた姜栄寿(ジャン·ロンショウ)は、絶好の機会だ。ここぞとばかりに商細蕊を懲らしめようと考えますが、屈しない商細蕊(シャン·シールイ)に命を大切するように警告し立ち去ります。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ2話
(感想)

姜栄寿(ジャン·ロンショウ)父子は、商細蕊(シャン·シールイ)のことが気に入らないのね〜😰

タイトルとURLをコピーしました