如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ68話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ68話

「新たな後ろ盾」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

炩妃 は難産の末、公主を産みます。

乾隆帝にその子を養育するように言われた穎妃は、私は炩妃 が嫌いですし、同じ妃位の子を養育するのは宮中の掟に反しますと答えます。

乾隆帝は李玉に、炩妃 の称号を剥奪し答応に降格せよと命じます。

衛答応(えいとうおう)に降格した炩妃 は雨の中、
皇太后に助けを求めに行きますが門前払いされ、窮地に陥ってしまう。

一方、如懿は第十三皇子の死産に衛答応も関与していると考え、陛下の許しを得て衛答応の周囲を徹底的に調べさせます。

そして、衛答応の太監が慎刑司に連行されたと聞いた衛答応は、如懿の追及を恐れ焦ります。

その時、たまたま出くわした和敬公主・璟瑟(けいしつ)の息子が池に落ちるようにして助けるのでした。

慎刑司に連行された衛答応は、思惑通り璟瑟にかばってもらえるのでした。

 つづく

和敬公主・璟瑟は、孝賢皇后と乾隆帝の娘。

母親が如懿のことを恨んでいたから
璟瑟も如懿を憎んでいるのよね〜😓

タイトルとURLをコピーしました