如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ70話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ70話

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

「異郷の公主」

乾隆帝は豫嬪を気に入り妃に冊封します。

豫妃は寒部の動向を探る内通者でした。

第5皇子・永琪は永琪は乾隆帝に、豫妃が機密事項を漏洩し他にも密かにいかがわしい薬を取り寄せていたことを報告します。

江与彬は乾隆帝と如懿に、この薬は男女の秘め事で用いる媚薬で中毒性が高く飲めば お体を害します。服用前の発見で何よりでしたと話します。

朕にこんな物を飲ませようとするとは…と怒る乾隆帝に
如懿は、陛下の薬や食事に細心の注意をしなくては…
陛下が大事に至らずに済んだのは永琪のおかげです。波風を立てぬよう私が豫嬪に聞き取りをしますと言いますが

乾隆帝は、いいや 朕が行くと席を立ちます。

激怒した乾隆帝は豫妃に禁足を言い渡すのでした。

第5皇子は腐骨疽を患っていましたが、父の乾隆帝の耳には入れるなと江与彬に口止めしていました。

その頃、炩嬪 は田蕓児(田氏の娘)を第5皇子の侍女にして籠絡させようと策略をしていました。

田蕓児は胡蕓角(こうんかく)と名を変え、第5皇子の屋敷に送り込まれます。

如懿と愉妃を母親の仇と憎む田蕓児(でんうんじ)はやがて計画どおり、永琪の心を得ることに成功するのでした。

一方、乾隆帝は寒部から友好の証しとして公主・寒香見(かんこうけん)が贈られます。

寒香見(かんこうけん)は許婚・寒企と無理矢理別れさせられ乾隆帝に贈られたのでした。

寒香見は乾隆帝の御前で舞を披露しますが隠し持っていた小刀を抜き乾隆帝に近づきます。

捕らえられた寒香見(かんこうけん)は自害しようとします。

乾隆帝は寒香見(かんこうけん)を罪には問わず、后妃の寝殿・承乾宮に住まわせようとします。

しかし、妃嬪をはじめ皇后、皇太后も反対しますが乾隆帝は聞き入れないのでした。

如懿は愉妃に、陛下は寒香見(かんこうけん)に魂を奪われたかのようだった…理知的な陛下が あんなに夢中になるなんて…と言います。

愉妃は、一時の気の迷いよ。でも入内した以上どうしようもないわ。陛下の機嫌を損ねぬよう発言は慎重にと助言します。

如懿は、あの様子では耳を貸さないわと言います。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ70話
(感想)

豫妃に夢中だったのに内通者だと分かり禁足にすると、

新たな寒香見(かんこうけん)が贈られてくると

乾隆帝は寒香見(かんこうけん)に夢中に…

如懿は呆れてるよね…

タイトルとURLをコピーしました