如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ71話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ71話

「偏愛の波紋」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

寒香見(かんこうけん)に心を奪われた乾隆帝は、鼻であしらわれても気にせず、そんな様子をみている妃嬪たちは寒氏のことを陰で罵倒しながら陛下の前では善人を装っているのでした。

如懿は愉妃に、陛下がここまで寒氏に熱を上げるなんて誰も予想しなかったはず。私も困惑してると話します。

愉妃は、天下に君臨する陛下はどんな娘も選び放題。そこへ懐かない野生馬が現れ征服欲をかき立てられたのでしょう。手に入れるまで夜も安眠できないのよと答えます。

如懿は、今の陛下は寒氏のためなら どんなことでもやりそう…と心配します。

一方、第5皇子・永琪は田氏の娘・胡蕓角(こうんかく)を各各(ゲゲ)に迎えます。

乾隆帝は寒香見の機嫌を取ろうと贈り物をしたり寒部から料理人や侍女を連れてきたりしますが、寒香見は許婚の死を深く悲しみ、黙ったままなのでした

そんな中、純貴妃が病を患っても一度も見舞いに来ない乾隆帝に第3皇子・永璋(えいしょう)は、父上は寒氏に骨抜きにされているのを都中の民も王侯や貴族も噂をしていると純妃に言います。

純貴妃は永璋に、その性格を直しなさい…寒氏の件に口を挟まないで…あなたは干渉しないで!と叱ります。

永璋は母の忠告を聞かず乾隆帝に、巷では寒氏が妖婦だと囁かれています。皇帝を惑わし国を揺るがしかねないと…
火のない所に煙は立ちません。王侯や貴族も同じ噂を…父上は寒氏に夢中で政務が手につかず清は潰れると…と話すと

乾隆帝は、黙れ!と頬を叩き、そんな戯れごとを誰から聞いた!と怒鳴りつけます。

父上のためご忠告していますと答える永璋に乾隆帝は、皇太子位を狙っていた頃から反省しておらぬ!失せろ!親不孝者とは縁を切る!と蹴りつけます。

永璋は乾隆帝に叱責され、私は父上に見限られましたと血を吐いて倒れ侍医が呼ばれ、肺を患っている純妃が看病します

純貴妃は雨の中を跪き乾隆帝に許しを請いますが、

乾隆帝は、そなたはこれまでに数々の悪事を働いた!と激怒します。

純貴妃は乾隆帝が過去に后妃を狙っていたと疑っていることに絶望します。

そして、妃嬪たちは、寒氏を追放し純貴妃母子の屈辱を晴らそうと翊坤宮の前で跪くのでした。

それを聞いた乾隆帝は、妃嬪の分際ででしゃばるな!勝手に跪かせておけ!いくら跪こうと寒氏を手放さぬ!と憤怒します。

如懿は、でしたら今後 寒氏が標的にされぬよう配慮してください。寵愛を得ても後宮でのけ者にされます。感情に任せ蒙古の人々を悲しませてはいけませんと諌めます。

乾隆帝は、確かに冷静さを欠いていた…純妃を皇貴妃に昇格だ。永璋の無礼も水に流すと告げます。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ71話
(感想)

皇帝の立場をわきまえていたはずなのに…💦

やっぱり皇帝はわがままなものなのね😤

それをしっかりわきまえてる愉妃は息子にも如懿にも
寒氏の関することは言葉に気をつけるよう釘を刺していたね🤔

愉妃は頭のいい女性だね✨

タイトルとURLをコピーしました