如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ72話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ72話

「皇后の責任」
ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

純貴妃は如懿に、私はもう長く生きられない…私は罪深い母親よ…野心など抱くべきでなかった…永璋を皇太子にしようとしたせいで永璋は陛下に疎まれたわ…とても恐ろしくなりすごく悔やんだ…だから毎日 読経し菩薩様の許しを請い続けてきた…と話します。

如懿は、もういいから少し休んで。子供たちのためにも病を治しなさい。高貴妃の冊封式も控えているのだからと
養生させます。

永璋を守れないと気にかけながら静かに亡くなります。

更に三月後 第3皇子・永璋も逝去するのでした。

不幸が続く乾隆帝でしたが、頭の中は死んだ恋人のことを思い続ける寒香見(かんこうけん)の事ばかりで、性懲りもなく、特別に仕立てさせた衣を承乾(しょうけん)宮へ届けに行きます。

寒香見はそんな乾隆帝を2度と会いたくないと頑なに拒否し、再び食事を摂らなくなります。

李玉は如懿に、今宵の事件を知らせます。

乾隆帝は如懿に、もうお手上げだ…酒に酔い寒香見(かんこうけん)に絡んでしまった…そなたの手を貸してくれと頼みます。

如懿は、これほど弱気な陛下を見たのは初めてです…と答えます。

乾隆帝は、こたびは理性が働かぬのだ。ひと目で心を奪われてしまったと打ち明けます。

正気ですか?と聞く如懿に乾隆帝は、そなたとは幼い頃から心が通じ合う仲だ。だが寒香見への想いは堪えきれない。何としても手に入れたいのだ。悔いを残さぬためにもなと話します。

如懿は、陛下は寒氏を追い詰めています。もう諦めては?
寒氏の考えは変えられませんと諭します。

乾隆帝は、そなたは朕の正妻で皇后だろう。策を考え皇后の責任を果たせと無理難題を強要します。

如懿は、皇后として陛下には逆らえません…皇后がすべきことは きちんとやりますと言うと立ち去ります。

如懿から乾隆帝の話を聞いた愉妃は、陛下は完全に理性を失ったようね…皇后の責任とまで言い放つなんて…と呆れます。

如懿は、ここまで執念深い陛下は見たことがない。今までの私と陛下は何だったのかと戸惑うと打ち明けます。

如懿は仕方なく食事も取らなくなってしまった寒香見を励ましに行きます。

帰り道、如懿は侍女・容珮に、やっと私の思いを分かち合える人ができたと…寒氏と寒企(亡くなった恋人)は
若い頃の私と陛下に似ている…寒企を失い悲しむ様子を見て呆然としたわ…私も忘れ得ぬ人を失ったのかもと…と悲しそうに歩き出すのでした。

ある日、乾隆帝は后妃たちを寒氏のために建てた宝月楼に集めると、城外にも礼拝堂を建てたと毓瑚女官が伝えます。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ72話
(感想)

寒氏ばかり厚遇する乾隆帝に、妃嬪たちからは不満噴出
だよね〜😤

如懿が容珮に話した気持ちよ〜く分かるわ😭

タイトルとURLをコピーしました