如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ73話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ73話

「届かぬ想い」

后妃たちが集まった宝月楼に寒部の装束を着て現れた乾隆帝に、妃嬪たちは声を失います。

乾隆帝は寒香見(かんこうけん)の機嫌を取るために、
そなたが清の衣を着たり、朕の妃になるのが嫌なら、
朕が寒部の男になる。寒香見を容貴人に封じ宝月楼を与えると皆の前で言います。

如懿は乾隆帝に、陛下のお望みが叶い何よりです。お召し替えをと促します。

しかし乾隆帝は、寒部の装束でも差し支えなかろう。朕は天子なのだ。自分の臣民の衣を着て何が悪い?と聞きます。

その偏愛ぶりに、如懿は乾隆帝の心が理解できず戸惑います。

それでも如懿は、満蒙が婚姻で関係を密にしても 蒙古の衣を着る天子はいないです。そのお姿に蒙古諸部が失望しますと言葉を選び諫めます

朕が愉快ならそなたも嬉しかろうと言う乾隆帝に如懿は、
夫婦は一心同体 本来なら私も喜ぶべきですが率直に申し上げます。皇后としては受け入れます。ですが妻としてはこの夫の行為を喜ぶことなどできません。寒香見が不憫ですと答えます。

乾隆帝は、寒香見を入内させたのは寒部と和睦し辺境を平定するため。娶った後は冷遇するつもりだった…だが寒香見をひと目見た時思わぬ感情が湧き魂を奪われた。心を得られずともそばに置きたい。寒香見が喜ぶことを何でもしてやりたいのだ。分かってくれと懇願します。

如懿は、長年連れ添えば心が通じると思っていました…
でも香見に対する陛下の執心ぶりは理解できません…
今の陛下には何も言っても無駄ですね…と失望し立ち去ります。

一方、容貴人(香見)がついに夜伽に応じたと聞いた皇太后は、もし子ができれば後宮の勢力図が変わるであろうと警戒します。

容貴人は如懿に、夜伽をしても子をなさぬ方法を教えてほしいと告げます。

そんな中、皇太后は如懿を呼び、陛下はどうかしている!
私でさえ寒氏の入内を止められず夜伽を防ぐ手もない。
寒氏が拒絶するのを見て陛下も諦めたと思っていたが、すでに夜伽も務めたとは…陛下が執心する寒氏にもし子供ができた時のことを考えているのか?もはや見て見ぬふりはできぬ!と心配します。

何をなさるのです?と問う如懿に皇太后は、不妊になる薬を容貴人に飲ませるように命じるのでした。

如懿は皇帝の想いと皇太后の意向の板挟みに苦しみながらも、薬を寒香見のもとへ持っていきます。

薬を飲んだ容貴人は苦しみ江与彬が呼ばれます。

江与彬は乾隆帝に、今後 懐妊は不可能かと…と告げます。

誰の仕業だ?と問う乾隆帝に如懿は、私です…と答えます。

激昂した乾隆帝は如懿の頬を叩きつけます。

そこに皇太后が現れ、皇帝が皇后に手を上げるとは何事ですか!正気の沙汰とは思えませんと諫めます。

母上 容貴人には何の罪もないのですと言う乾隆帝に皇太后は、寒氏を入内させ陛下の望みは叶いました。しかし寒氏の心には別の想い人が住んでいる。愛が相手を傷つけることもあるのです。陛下が偏愛しなければ誰も容貴人を警戒しません。陛下の過ぎたる寵愛がこと結果を招いたのです。あの薬は容貴人も望んでいた。責めるなら自分を責めなさいと諫めます。

そんな中、炩嬪 が第15皇子を産んだと伝えられると、容貴人を容嬪に昇格、炩嬪 は炩妃 に昇格させ、皇后に不手際があったから後宮の差配は炩妃 に任せると命じるのでした。

つづく

乾隆帝の如懿に対する仕打ちは酷すぎるわ😭

皇帝なのに… 😤子供がオモチャを欲しがってるようにしか思えない💦

タイトルとURLをコピーしました