如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ75話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ75話

「勇敢な侍衛」
ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

秋の狩猟に木蘭囲場に行った妃嬪、璟瑟(けいしつ)、
皇子たちは宴を楽しみます。

眠い永璂 (えいき)を寝所におくる如懿の前に刺客が現れ、永璂 が捕まってしまいます。

何でもあげるから子供を放してと懇願する如懿に刺客は、
子供は殺すと言います。

如懿は、なぜ息子を?本来の標的は私でしょう?私の命を差し出すわと興奮させないように言います。

刺客は、寵愛を失った皇后など価値はないが息子は将来皇帝になるかもしれん!と言い放ちます。

如懿は、なぜ皇后と嫡子だと分かったの?何者かの指示で動いているのね。嫡子を殺せば一族皆殺しよと説得します。

一方、第12皇子・永璂 が刺客に襲われたと聞いた乾隆帝は凌雲徹を連れて向かいます。

刺客は炩妃 に唆された豫妃が送ったのでした。

凌雲徹が隙を狙い短剣を刺客に当て、その隙に逃げた永璂
を救おう飛び出した如懿は刺されそうになったその瞬間、
凌雲徹が盾になり刺されてしまいます。

捕まった刺客は自害してしまい、黒幕が誰か分からなくなります

炩妃 は命を投げ出してまで如懿を助けた凌雲徹を見て
怒りが込み上げてくるのでした。

心に衝撃を受けた永璂 は恐怖からひきつけを起こして寝込んでしまう。

愉妃は如懿に、今宵の事件は悪意ある者の仕業よ。己を責めないで…ただ…陛下は刺客より凌雲徹のことを気にしているやも…さっき危険を顧みず守ったことに私も驚いたわと心配します。

苦労を共にした仲だからよ…と答える如懿に愉妃は、確かに主を命懸けで守っただけかもね…でも…と言いかけると、

如懿は、言いたいことは分かる。でも私の夫は陛下だけだし陛下だけが頼り…私の栄光も没落も陛下に委ねられている…心配しないで…と答えます。

嫡子の永璂 に大きな期待をかけていた乾隆帝は、気が弱すぎる永璂 に腹を立て、面目がつぶれたと如懿に不満をぶつけます。

如懿は、永璂 はまだ9歳の子供です。ご自分の面子と子供の安全どちらが大事ですか?陛下のお考えは理解できませんと言い争いになります。

乾隆帝は、なぜ理解できいのだ!朕にとって大事なのは
1人の子供ではなく清の継承者だ!嫡子の能力が劣れば憂慮して当然であろう!朕は常に皇帝の立場から物事を考えている!と怒鳴ります。

両親の喧嘩を聞いていた永璂 は、父上 私が悪うございました申し訳ありませんと泣いて謝ります。

我慢の限界を超えた如懿は、陛下は皇帝ですが父親です。
刺客を防げなかったのは侍衛の過ち。永璂 は無実です。
父親なら永璂 を叱るより慰めるべきでしょう。
本人の前で失望したなどというべきではありません!と
責めます。

乾隆帝は、朕という父親と夫に不満があるのでは?答えよ!そなたにとって朕は理想の夫か?他に意中の者でもいるのではないか?と詰め寄ります。

如懿は、陛下しかいません!陛下は皇子を比較できても
私は夫を比較できませんから。陛下は私のことを妻と見ていないのですか?と聞きます。

そなたは朕が立てた皇后だ!天下の女子の手本である!と答えます。

如懿は、その通りです。でも〝皇后″は後宮の肩書きでしかない。朝廷の臣下も同然です!と言い返します。

乾隆帝は、臣下と承知なのだな では教えてやろう!そなたは朕に従うしかないのだ!と言い放ち立ち去ります。

乾隆帝は確かな証拠もないため、豫妃を帰郷させるのでした。

そんなある日、進忠は凌雲徹を陥れようと企てていました。

愉妃は凌雲徹に、皇后の幸せを願うなら近づかないでと遠回しに釘を刺します。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ75話
(感想)

乾隆帝は寒香見を夢中になってたのに、凌雲徹が如懿に
覆い被さって命懸けで助けたのを見たことで、嫉妬したのかしら?違うね… 自分のものは自分のもの。自分が飽きても如懿の心に他の男がいるのは許せないのね😱

それは炩妃 も同じで、自分に好意を抱いていた凌雲徹を
裏切り酷い仕打ちをしても、凌雲徹が如懿に好意を抱くのは許せないんだよね😱

乾隆帝も炩妃 も似た性格だよね〜😤

タイトルとURLをコピーしました