君、花海棠の紅にあらず あらすじ14話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ14話

「開祖の降臨」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
ネタバレを読むよりも、君、花海棠の紅にあらずをみたいという方もいますよね!
君、花海棠の紅にあらずの動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-NEXTで「君、花海棠の紅にあらず」を見る!<<

対決の12月9日がやってきます。

九天玄女の再来と言われる商細蕊(シャン・シールイ)と、秘伝の仙人歩法の絶技を再現する陳紉香(チェン・レンシャン)が見られるという劇場には観客が押し寄せ、切符は売り切れになります。

商細蕊(シャン·シールイ)の負けを見届けるため水雲楼側に来ていた姜栄寿(ジャン·ロンショウ)親子は素晴らしい趙飛燕の舞を観て黙って立ち去ります。

拍手喝采を受け舞台から控室に戻った商細蕊(シャン·シールイ)を程鳳台(チョン·フォンタイ)が、勝ったのは君だの告げます。

一方、トンネル修繕の現場にいる范漣(ファン・リエン)が匪賊に誘拐され交換条件は、5000発の弾と銃1000丁だった。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は、范漣(ファン・リエン)にそれほどの価値があるか?と建築士の雷さんが無事なら
范漣(ファン・リエン)だけために渡すのは惜しい…
奴の最大の価値は〝范湘児(ファン・シャンアル)の実弟”ということ… だとつぶやきます。

そんなある日、水雲楼が借りている家と土地を程鳳台(チョン·フォンタイ)は商細蕊(シャン·シールイ)の名で買い
売買契約書を大家が持ってきます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、ニ旦那には一生恩返しできない…とつぶやきます。

つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ14話
(感想)

やっぱり程鳳台(チョン·フォンタイ)は范湘児(ファン・シャンアル)を愛してはいないと思う😱

京劇って興味そそられるわ〜💕💕

タイトルとURLをコピーしました