君、花海棠の紅にあらず あらすじ16話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ16話

「敗者の絆」

波紋になった商細蕊(シャン·シールイ)の所に、同じく
姜栄寿(ジャン·ロンショウ)に追い出された陳紉香(チェン・レンシャン)が訪ねてきます。

陳紉香(チェン・レンシャン)は伯父は最低だと本音を口にします。

商細蕊(シャン·シールイ)は、あの日はなぜ姜栄寿(ジャン·ロンショウ)に楯突いた?と問います。

陳紉香(チェン・レンシャン)は、私は13歳で父を失い母を養うことになってな…食事はおろか全てが姜家頼みで伯父には逆らず、うんざりだったと打ち明けるのでした。

商細蕊(シャン·シールイ)は、陳紉香(チェン・レンシャン)の頭をなぜて、気持ちがいいと笑い、人の厄介になるのはつらいものだ…1年の休演期間をどうやって過ごす?と聞きます。

陳紉香(チェン・レンシャン)は、上海に行く。恋人もいるし、冬も暖かくて快適 おまけに賑やかだ。女も紹介するぞと誘います。

女は必要ないが…君と上海をめぐるのはいいな…と答える
商細蕊(シャン·シールイ)に陳紉香(チェン・レンシャン)まは、なら決まりだ!君と私が上海へ行ったと知ればきっと激怒するとうれしそうに言います。

一方、程鳳台(チョン·フォンタイ)が匪賊に殺されたと言う噂が立ち商会に押しかける者たちの対応に妻・范湘児(ファン・シャンアル)は、落ち着いて番頭に指示します。

しかし、程家を陥れようと裏で手を引く者がいると、
范湘児(ファン・シャンアル)が出ていき、商売の目利きが利くこと、決定権があることを皆の前で知らしめるのでした。

その頃、人質になっているのに一向に殺される気配がない程鳳台(チョン·フォンタイ)は古大犁(グー・ダーリー)の手下に宝石を渡し、自分の仲間はどうなっているのかと
聞き出します。

手下は、あんた同様 大事に扱ってる。何と言っても家族になるんだからなと答えます。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は、家族?誰が?と聞くと、
古大犁(グー・ダーリー)が呼んでると伝えられます。

古大犁(グー・ダーリー)は程鳳台(チョン·フォンタイ)に、あんたさえよければ今夜 床入りを。もし断れば…と隠し持っている銃を見せるのでした。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は、さすがに冗談がきつい…
私はお父君の義兄弟だ。亡くなったばかりでそんな真似ができると?と焦ります。

古大犁(グー・ダーリー)は、父は10年前ある易者に会い寿命や死に方まで全て見てもらった。私も占わせたら〝19歳の年に南方の客と非凡な子を成す″と出た。つまり 南方から来た人と最強の息子をもうけ家業を継がせるんだ。その19歳の年にあんたが来たと語り詰め寄ります。

商細蕊(シャン·シールイ)と陳紉香(チェン・レンシャン)は上海に行くはずが途中で下車します。

商細蕊(シャン·シールイ)がどうしても南京に来たくなったと言って降りたのでした。

一方、程鳳台(チョン·フォンタイ)は古大犁(グー・ダーリー)が攻めてきた叔父を撃退しに行き負けてしまったと伝えられます。

それは叔父ではなく、程鳳台(チョン·フォンタイ)を助けにきた軍隊でした。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ16話
(感想)

商細蕊(シャン·シールイ)も程鳳台(程鳳台(チョン·フォンタイ)も、それぞれに目指すところは違っても 
お互いを尊敬し合う仲になるのは分かる気がする✨✨

古大犁(グー・ダーリー)が19歳の男勝りの女性で、
結構面白かったわ🤣

タイトルとURLをコピーしました