君、花海棠の紅にあらず あらすじ19話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ19話

「嫌疑」

商細蕊(シャン·シールイ)と程鳳台(チョン·フォンタイ)は
ひと芝居うつことに。

程鳳台(チョン・フォンタイ)は北平商会の鄭(ジョン)会長宅を訪れ、悪辣な手で匪賊に人を殺めさせたことは会長を務める資格はないと引退を迫ります。

身に覚えがないと言う鄭会長に程鳳台(チョン·フォンタイ)は、鄭会長の孫・鄭来鴻(ジョン・ライホン)を利用します。

鄭来鴻(ジョン・ライホン)と友人だった察察児(チャーチャーアル)は傷つきます。

そんな中、南京から戻った曹(ツァオ)司令官は病のため日本人医師を付き添わせていました。

息子・曹貴修(ツァオ・グイシウ)の言葉を裏付けるような状況に、程鳳台(チョン·フォンタイ)の姉・程美心(チョン・メイシン)は不安に揺れます。

一方、商細蕊(シャン·シールイ)は気難しい侯先生と一緒に舞台に立つことになります。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ19話
(感想)

侯先生は痛み止めにアヘンを使っているんだね。

商細蕊(シャン·シールイ)は養父が侯先生がアヘンに頼ることを止められず悔いていたと話したけど、

侯先生は驚いた感じだったね🌟

タイトルとURLをコピーしました