如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ83話

如懿伝

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ83話

「各各(ゲゲ)の告発」

第5皇子・永琪の持病は悪化の一途をたどり、倒れてしまうのでした。

江与彬が呼ばれ診察しますが、なぜ これほどになるまで放っておかれたのですか?と尋ねます。

愉妃は、永琪は私に心配をかけぬよう病の悪化を隠していたのですと答えます。

愉妃は危篤に陥った永琪に皇后を会わせたいとお願いし、許しが出たと伝えられた如懿はすぐに向かいます。

永琪は臨終の間際、乾隆帝に、昔を思い出していました…義母上と一緒に暮らした日々を…もはや私は義母上に会うことも叶わぬようです…父上 私からの最期のお願いがございます…義母上を許してください…義母上を恨まぬよう… と言い残し眠るように息を引き取ります。

その直後、炩貴妃 から指示を受けていた胡蕓角が皇后を告発します。

胡蕓角は、愉妃が独断で凌雲徹を処刑し皇后の怒りを買ったからです。栄親王(永琪)が気の毒です。皇后から無縁墓地ではなく吉相墓に葬るよう強く求められた永琪は罪悪感に苛まれ病が悪化したと告げます。

愉妃は、胡蕓角の頬を叩き、永琪の死を利用して皇后を陥れるなんて…と怒ります。

胡蕓角は乾隆帝に、嘘は申しておりません!死を覚悟で申し上げましたとその場で毒を飲み死んでしまいます。

そこに到着した如懿は乾隆帝に、永琪は死んだ…そなたのせいだと言われます。

その言葉を真に受けた乾隆帝は如懿に、杭州で凌雲徹との私通は事実無根だと申していたな…だがどうだ?凌雲徹の処刑は愉妃の独断だ。そなたは永琪に頼んで吉相墓に埋葬させた…結果 永琪を死に至らせたのだ。そなたは自ら断髪して皇后を降りた…金冊と印璽を没収せよ。金輪際 
会わぬと告げるのでした。

如懿は、胡蕓角の出自を調べるように愉妃に伝えます。

一方、皇太后は胡蕓角に疑念を抱き毓瑚女官に率直に考えを申せと命じます。

毓瑚女官は、胡蕓角は栄秦王に殉じましたが 証言の際は冷静で取り乱していませんでした…語った内容は全て如懿様に関することでした…その点が私も釈然としません。
栄親王はご臨終の前に〝義母上をお許しくださいてんと陛下に請われていました。母子の絆があればこその訴えでしょうと話します。

皇太后は、陛下 我々が知っている永琪と胡蕓角が申す永琪は別人です。凌雲徹の名を出せば陛下が動揺すると承知の上での所業では?これは綿密に仕組まれた計略に思えます…と助言します。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ83話
(感想)

如懿も愉妃も、永琪のことを可愛がっていたし、
信頼していたから 亡くなった悲しみは計り知れないよね💦💦

タイトルとURLをコピーしました