如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ86話

如懿伝

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ86話

「暴かれた真実」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
また、ネタバレを読むよりも、如懿伝をみたいという方もいますよね!

如懿伝の動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-nextで如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃をみる!<<

炩貴妃(皇貴妃) は乾隆帝のそばにいる江与彬侍医を
疲れたでしょうと帰らせ、太子密建の小箱を取り出し、
我が子・永琰の名を書いた紙を入れようとした時、
乾隆帝が目の前に現れ驚愕します。

乾隆帝は、朕の代わりに世継ぎを考えてくれたか…勅書まで用意するとはな…と言います。

そこへ愉妃が現れ、炩貴妃 が胡蕓角を使って永琪をしめたのです!しかも永琪の死後、皇后を讒言で陥れるよう命じていました!と告発します。

私は胡蕓角など知りません。子を失った悲しみを私にぶつけないで!と言い逃れする炩貴妃 に愉妃は、春嬋、佐禄(炩貴妃 の弟)、王蟾(おうせん)に数々の炩貴妃 の罪業を証言させるのでした。

乾隆帝は、永琪、永璟のみならず第5皇子、第6公主、第13皇子までも炩貴妃 に殺され、更に凌雲徹が如懿に好意を抱いていることに嫉妬し何度も如懿を陥れようとしたこと。胡蕓角の最後の告発も命令していたことを知ります。

愉妃は、この指輪は凌雲徹から死の直前に預かりました。
炩貴妃 との愛の証だと…〝衛嬿婉(炩貴妃 )との旧情で皇后の名誉を傷つけた″と凌雲徹は悔やんでいましたと乾隆帝に渡します。

それでも炩貴妃 は、どう考えても私は陥れられたと罪を認めようとはしないのでした。

そこに、皇太后が現れ、全く次から次と弁の立つことだ。
この毒婦に私からも永璂 殺害について尋問したいと言います。

皇太后は乾隆帝に、永璂 の変色が過ぎるのでこれまでの食事を調べました。その結果御膳房の食事には毒茸が含まれていたのですと報告します。

皇太后は皇貴妃に対し、罠にかかったのはそなたの心根が卑しいからだ。邪心にまみれているからこそ不当な手段で永琰の立太子を企てた!如懿が罠を仕掛けたのだ。
だがこの罠は避けることもできた。罠に落ちたのは己の選択の結果だ。人のせいにするな!と怒ります。

皇太后は乾隆帝に、如懿からある物を預かってきました…と言って、
如懿は無辜の命を弔うべく経幡を作ったのだ。その目で
しかと見るがよい!如懿いわく〝衛嬿婉の処遇は陛下に任せる″と、ですが その前に衛嬿婉 には経幡1枚1枚を前に叩首して謝罪させてほしいとのこと。それが終わったら無念の死を遂げた者のために経幡は安華殿に供えますと
言います。

乾隆帝は牽機薬を如懿に飲ませます。

容珮が翊坤宮の門が開きましたと如懿に伝えます。

愉妃を始め妃嬪たちが如懿に会いにきますが、如懿は誰とも会わないのでした。

そして、李玉が金冊と印璽を届けに来ますが、如懿はそれも拒否します。

皇太后は乾隆帝に、権勢のために躍起になっていた私と、
良心を忘れなかった如懿…どちらが幸福なのだろうかと考えるのですと話します。

その頃、衛嬿婉 は永寿宮で生きていました…
陛下は死なせぬと仰せで、毓瑚女官に解毒剤を与えるように命じたのでした。

そんなある日、乾隆帝は如懿に会いに行き、そなたには度々苦労をかけた…だが過ぎたことは水に流せ…忘れようと言います。

如懿は、私の記憶も薄れています…と答えます。

乾隆帝は、木蘭から戻ったら金冊と印璽を受け取ってほしいと告げます。

如懿は答えず、〝蘭印絮果″という言葉をご存じ?昔は悲しい言葉だと思っていたけど今はよく分かります。咲き誇る花もいずれ散るのだと…木蘭への道中どうかお気をつけて…と告げます。

如懿は乾隆帝と一緒に描かれた自画像の自分の部分を切り取ると燃やしてしまうのでした。

 つづく

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ86話
(感想)

衛嬿婉 の全ての悪事が明るみになったけど
遅過ぎるよね😓

もっと早くに分れば、こんな多くの犠牲者は
出なかったのにね😤

タイトルとURLをコピーしました