君、花海棠の紅にあらず あらすじ28話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ28話

「腕の中の娘」

母からの手紙を妻に燃やされてしまった程鳳台(チョン·フォンタイ)は翌朝、水雲楼の稽古の声で目覚めます。

生まれた赤ん坊を引き取りに行った程鳳台(チョン・フォンタイ)は、范漣(ファン・リエン)の愛人・曽愛玉(ゾン・アイユー)に実の娘として育てると約束し、鳳尾(フォンウェイ)と名前をつけます。

曽愛玉は涙を流して鳳尾と別れ汽車に乗ります。

范漣(ファン・リエン)は自分の子供なのに、世話は絶対無理だと拒絶します。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は赤ん坊を水雲(シュイユン)楼に連れて行き、自分の子として面倒を見ます

その頃、范湘児(ファン・シャンアル)は曽愛玉が社交界の花形だったと知り、程鳳台(チョン·フォンタイ)には小切手も印鑑もない。持っている現金が尽きれば相手にされなくなるはずだと考え、その頃には彼の母親も見つけ出せるだろうと思っていました。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ28話
(感想)

范漣(ファン・リエン)って自分の子供なのに程鳳台(チョン·フォンタイ)に押し付けて平気なんだね😤

范湘児(ファン・シャンアル)は実弟の後始末をしている
夫・程鳳台(チョン·フォンタイ)を信じてないのね💦

タイトルとURLをコピーしました