君、花海棠の紅にあらず あらすじ30話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ30話

「最愛の妹」

商細蕊(シャン·シールイ)は梨園の頂点に立つとタバコや香水、石鹸を作っている社長たちからの広告の依頼が殺到します。

商細蕊は程鳳台(チョン・フォンタイ)のために稼ごうと引き受けるのでした。

そんな中、劇楼に来ていた察察児(チャーチャーアル)が程鳳台(チョン·フォンタイ)に憎しみを抱くニ親分に誘拐されてしまいます。

気づいた商細蕊(シャン·シールイ)は察察児を救い、ニ親分を縛りあげます。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は察察児を商細蕊(シャン·シールイ)に託すと、銃で殺害します。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は察察児が北平にいると危険に晒されることを心配し、香港へ旅立たせます。

一方、范湘児(ファン・シャンアル)は破ってしまった手紙の主を見つけ出し、その女性を水雲楼にいる程鳳台(チョン·フォンタイ)の元に送るのでした。

程鳳台(チョン·フォンタイ)の元に、母の弟子だという女性・春萱(チュンシュエン)が現れ、師匠が引退後名を引き継ぎました。師匠は長く演じる体力はありませんが元気だと話し帰って行きます。

弟子は春萱(チュンシュエン)から、私が死んだら息子を捜して私という母親を覚えているか聞いてほしい…覚えていたらこのレコードを渡して、今も楽しく舞台に立っていると伝えてと頼まれていたのでした。

そんな中、程鳳台(チョン·フォンタイ)は繊維工場で問題が起き上海に向かいます。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ30話
(感想)

程鳳台(チョン·フォンタイ)は母譲りの
性格なのかもね✨✨

タイトルとURLをコピーしました