君、花海棠の紅にあらず あらすじ32話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ32話

「想起」

ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意下さい。
ネタバレを読むよりも、君、花海棠の紅にあらずをみたいという方もいますよね!
君、花海棠の紅にあらずの動画配信はU-nextで見ることができます。
1ヶ月無料なので、その間に全部みることができます。
(その後は解約。。。。)
👇
>>U-NEXTで「君、花海棠の紅にあらず」を見る!<<

林丹秋(リン・ダンチウ)の妹を見た程鳳台(チョン·フォンタイ)は声も出せぬほど驚き、

妹も顔色を変えますが、初めて会ったように挨拶をします。

商細蕊(シャン·シールイ)は林丹秋(リン・ダンチウ)の妹の
首飾りの玉が気になります。

林丹秋(リン・ダンチウ)兄妹と別れた程鳳台(チョン·フォンタイ)は商細蕊(シャン·シールイ)に、彼女が曽愛玉(ゾン・アイユー)だ。鳳乙(フォンイー)の実母だよと明かします。

商細蕊(シャン·シールイ)はその日の夜から、幼い頃の自分が実の妹と羽の玉の首飾りをして楽しそうに手をつなぎ歩いている夢をみるのでした。その手には羽の玉が握られていました。

公演を終えた商細蕊は翌朝、林丹秋の妹に会いに行き
林丹秋に役者を続けさせてほしいと頼みます。

林丹秋(リン・ダンチウ)の妹は、曽家は確かに没落したけど家訓に書いてあるの〝師弟を梨園に入れるな″とね。それに私は子供の頃から役者が何より嫌いだと言います。

なぜだ?と問う商細蕊(シャン·シールイ)に曽愛玉(ゾン・アイユー)は、幼い頃 家族全員で出かけた時 兄は芝居に見とれはぐれてしまった…それきり十数年も行方知れずだったの…家は落ちぶれ幸せは崩れた…それ以来銅鑼の音を聞くだけで憎しみで胸が張り裂けそうになるのと泣きます。

家が落ちぶれた?家族は?と問う商細蕊(シャン·シールイ)に曽愛玉(ゾン・アイユー)は、私と兄の2人しか残ってないわ…兄が消えた後 母は病に倒れその翌年死んだ…私が16歳の時には父も帰らぬ人に…と答えます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、もしも君のお兄さんが役者を続けたいと言ったら?と聞きます。

曽愛玉(ゾン・アイユー)は、あり得ないわ。兄は寒香社を辞め明日 雲南に帰る予定よと答えます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、もしもの話だ。おにいさんがやはり芝居を辞めないと言ったら君は許すか?と問います。

曽愛玉(ゾン・アイユー)は、怒鳴りつけて兄妹の縁を切るわ!会わなかったことにすると怒ります。

商細蕊(シャン·シールイ)の顔を見た曽愛玉(ゾン・アイユー)は、冗談よ。実は私が役者を辞めさせたと言うより
兄の方が辞めたがったの。上海は華やかに見えるけれど
腐敗した街よ。そんな街にいるより故郷で小さな店を開き暮らす方がいいわ。北平も上海も…もう完全に別世界よ…全て忘れるわ…と話します。

商細蕊(シャン·シールイ)は、その玉はとても美しいなと言います。

曽愛玉(ゾン・アイユー)は、うちの家宝なの。兄と遊んでいる時に割ってしまったね。曽家の運が断たれたと祖母は言ったわ…離別と流浪の苦しみを子孫に至るまで味わうと…そこでお守りとして割れた玉を私たち兄妹にくれた…
まさか本当に兄がその苦しみを味わうなんて…と言います。

林丹秋(リン・ダンチウ)も持っているのか?と問う商細蕊(シャン·シールイ)に曽愛玉(ゾン・アイユー)は、残念だけどなくしたって…なぜ我が家のことに興味を?と尋ねます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、別に興味はない…ただの好奇心だ。鳳乙の名前は玉から取ったと話していたから…と答えます。

自分の出自が分かった商細蕊(シャン·シールイ)は程鳳台(チョン·フォンタイ)に、曽愛玉(ゾン・アイユー)は自分の妹だと打ち明け、昔から持っている玉を見せます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、今日 彼女の家で彼女の玉と合わさりそうか見てきました…私のは鳳凰の頭で彼女のは尾ですと話します。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は、偶然がすぎる…それが事実なら鳳乙は君の実の姪か…では林丹秋(リン・ダンチウ)は?君には兄妹もいたのか?と問います。

商細蕊(シャン·シールイ)は、問題はそこです。兄や弟がいた記憶はない。なぜ彼を兄だと思ったのか…聞いてもらえますか?と頼みます。

程鳳台(チョン·フォンタイ)と商細蕊(シャン·シールイ)は
曽愛玉(ゾン・アイユー)が高利貸しに騙されたこのを知ります。

商細蕊(シャン·シールイ)は林丹秋(リン・ダンチウ)を殴りつけ、この二年間妹は、どうやって大金を稼いだか!かんがえなかったのか?手切金だよ!金持ちの子供を産んだんだ!子供は水雲楼にいる!なぜ騙した?と怒ります。

林丹秋(リン・ダンチウ)は、騙すつもりはなかった。幼い頃のことは本当に覚えていない…師匠いわく私は文人の家の子で長男だったそうです。曽愛玉(ゾン・アイユー)から聞いたお兄さんの話も全く同じでしたよ。だからてっきり…天が私に妹をくれたのだと思ったんです…と泣きながら答えるのでした。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ32話
(感想)

曽愛玉(ゾン・アイユー)が商細蕊(シャン·シールイ)の妹だったなんて、夢にも思っていなかった展開に驚いたわ‼️

これからどうなるか… 楽しみ✨

タイトルとURLをコピーしました