君、花海棠の紅にあらず あらすじ44話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ44話

「翻弄」

水雲楼に私を信じてほしいと雪之誠(シュエジーチョン)が謝罪にきますが、商細蕊(シャン·シールイ)は受け入れず縁を切ると告げます。

一方、程鳳台(チョン・フォンタイ)は、日本軍の荷を運ぶ道中、幾つもの村で惨殺された人々を目の当たりにして、穴を掘って埋葬するのでした。

その頃、商細蕊は義兄から食事に招待され、四喜児(スーシーアル)の喪主を頼まれますが、本当の目的は外地へ棺を運び出す際に日本軍から睨まれている友人を北平から出すことだと明かされます。

一方、程鳳台は曹貴修(ツァオ・グイシウ)から留仙洞の爆破計画を告げられます。

商細蕊(シャン·シールイ)は四喜児(スーシーアル)の葬儀を行なっていましたが、棺の中身は四喜児(スーシーアル)ではなくペニシリンとモルヒネ、キニーネだと突然義兄から明かされます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、なぜそんな大切なことを内緒にしてた?梨園全体を巻き添えにする気か?と怒ります。

中を確かめると言う日本兵に商細蕊(シャン·シールイ)は、
九条和馬を出せ!と叫びます。

九条和馬が商細蕊(シャン·シールイ)の力になってくれたおかげで棺は北平から出すことができます。

しかし、この2人のやりとりを見ていた民衆が商細蕊(シャン·シールイ)を親日だと思われてしまうのでした。

義兄は別れる間際に商細蕊(シャン·シールイ)に、最初お前は己が何者か覚えていて 言うたびに父に殴られていた…恐れで全て忘れたんだ…教えてやろう お前は雲南省の昆明出身で姓を曹という。母親の実家がある平陽に帰郷した際、迷子になった。曹家の者は必死で捜していたが父が
5年 外地に隠したと明かします。

知っていますよ…と答える商細蕊(シャン·シールイ)に義兄は、ならなぜ元の家に帰らない?と問います。

曹家に私は必要ではありませんと答える商細蕊(シャン·シールイ)に義兄は、試さず何が分かる?今や世は変わり果て悪人ばかりだ。耳の病に不名誉な記事。私のせいでお前は親日だと思われた…民衆はお前を責めるだろう…役者を辞めて本来の人生を歩めと説得します。

商細蕊(シャン·シールイ)は、つらい目に遭い挫折もした…今更 商の名を捨てろと言われても芝居しかできぬ私に何をしろというんですか?芸に費やした20年余りは返ってこない。私の姓はこれからも商だ!と言い放ち立ち去ります。

そんな中、程鳳台(チョン·フォンタイ)の妹・察察児(チャーチャーアル)が失踪したと号外がでます。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ44話
(感想)

雪之誠(シュエジーチョン)のおかげで、薬と義兄の友人は
北平から出れたね‼️

でも…義兄は日本軍からも政府軍からも目をつけられているのかもしれない😰

タイトルとURLをコピーしました