君、花海棠の紅にあらず あらすじ48話

君、花海棠(はなかいどう)の紅(べに)にあらず

君、花海棠の紅にあらず あらすじ48話

「憂い」

意識のない程鳳台(チョン·フォンタイ)のつきっきりで看病する商細蕊(シャン·シールイ)に小周子(シャオチョウズ)は、水雲楼の一座が崩壊してしまうから助言をくださいと訴えます。

商細蕊(シャン·シールイ)は、もうすぐ16歳になる小周子(シャオチョウズ)に、私は同じくらいに養父を亡くし
義兄も家を出て、今日まで水雲楼を支えてきた…水雲楼の伝国璽を渡して、帳簿や証文などに印を押す時に使え。お前が水雲楼を管理しろと言います。

程鳳台(チョン·フォンタイ)の傷は悪化し、ペニシリンさえ投与できれば脚を切らなくてもいいと医者から告げられますが市場には出回ってないのでした。

坂田大佐は程鳳台(チョン·フォンタイ)が仮病を使っているのではないかと様子を見に程家に来ます。

程鳳台(チョン·フォンタイ)は憎き坂田大佐を刺し、牢に入れられ、商細蕊(シャン·シールイ)が親日だと信じ込んでいた人々は後悔します。

その頃、敵討ちした商細蕊(シャン·シールイ)に心をを許した范湘児(ファン・シャンアル)は范漣(ファン・リエン)に、運送業のお金を使って商細蕊(シャン·シールイ)を助けるように言います。

 つづく

君、花海棠の紅にあらず あらすじ48話
(感想)

范湘児(ファン・シャンアル)の頑なな気持ちも、商細蕊(シャン·シールイ)の心根に、心を許したんだね🤗

水雲楼の後継者としての小周子(シャオチョウズ)も
役者としても人としても素晴らしい人間だったんだね💕💕

タイトルとURLをコピーしました