ドラマファン

3/41ページ

月に咲く花の如く あらすじ24話

月に咲く花の如く あらすじ24話 「欲望の対価」 周瑩(しゅうえい)は三原質店を取り戻せず、新たに開店するには銀2万両は必要で、お茶や革製品の商いは明時代からの老舗が多くて 勝ち目がないと頭を悩ませていました。 一方、県令趙白石は、国が滅びてしまうと心配して、今後関中においてはアヘンの吸引と栽培を禁止する公布を出します。 その頃、周瑩は以前難民に土地を貸した場所に行き畑仕事を手伝っていました。 そ […]

月に咲く花の如く あらすじ23話

月に咲く花の如く あらすじ23話 「帰ってきた若奥様」 周瑩を池に沈めた呉家一族では、呉蔚双(ごいそう)の息子の呉遇(ごぐう)が呉家東院の息子となる儀式が行われる中、使用人の宝来が死んだはずの周瑩の姿を見て驚愕します。 怯えた宝来は、若奥様 お許しを。魔が差したのです…許してください。あなたを陥れました。でも私は指示に従っただけで首謀者は別にいますと正気を失い泣き出します。 カーテンが動き、私を陥 […]

月に咲く花の如く あらすじ22話

月に咲く花の如く あらすじ22話 「不屈の精神」 周瑩は周老四の声で目覚めます。 周老四は星移に助けを求めに行き、池に入れられたと同時に 周瑩を救い、屋敷を借りて玲瓏さんに世話をさせてくれていると 説明します。 その夜、星移は周瑩に、体が回復したら名前を変えろ。しばらくたったら娶ってやると言います。 周瑩は、私は沈家に行きたくない…お断りよ…と力なく答えます。 星移は、誰のおかげで生きてると思って […]

月に咲く花の如く あらすじ21話

月に咲く花の如く あらすじ21話 「葬られた真実」 周瑩と王世均は柳婉児の巧妙な罠にはまり密通したとして捕まえられてしまいます。 周瑩は呉家一同の前で、後ろ暗いことは何もありません!これは呉蔚双と柳婉児が三原質店を奪うために仕掛けた罠です!宝来を買収し離れで王世均に薬を飲ませ 呼ばれた私が部屋に入ると騒いで人を呼んだのです。宝来を呼んで!と怒ります。 宝来は劉氏に買収されていて嘘の証言をします。 […]

月に咲く花の如く あらすじ20話

月に咲く花の如く あらすじ20話 「再建への道」 沈四海は杜明礼(とめいれい)から利益を分け合うことを条件に 軍需品の注文書を受け取り、ついにご用達の商家にのし上がったことに満足します。 一方、周瑩は南院の呉蔚双(ごいそう)を訪ねて、株7割を持っている東院が三原質店の経営を引き継ぐと話します。 それを知った呉蔚双の妻・柳婉児(りゅうえんじ)は納得がいかず 陰謀を企てていました。 そんな中、柳婉児の […]

月に咲く花の如くあらすじ19話

月に咲く花の如くあらすじ19話 「託された将来」 周瑩(しゅうえい)は呉蔚文が死んで没落したという噂を聞き 呉家の屋敷に戻ります。 屋敷に入ると使用人たちの姿も声もなく荒れた中を歩いて義母の部屋まで来ると、寝床に臥せった義母の世話をするわずかな使用人がいるだけでした。 呉蔚文が急病で獄中死し、東院の使用人たちは逃げ出し、残っていたのは自分を待っていてくれた別院の使用人たちだと聞かされた周瑩は 驚き […]

月に咲く花の如く あらすじ18話

月に咲く花の如く あらすじ18話 「呉家東院の没落」 呉蔚文は東院の財産を狙う弟たちが、それぞれの息子を呉聘(ごへい)の後釜にしようと言い争うのを見て激昂し、証文を書いて弟たちと絶縁します。 さらに、周瑩のことも東院の疫病神だったと罵り、呉聘のために嫁にしたが呉聘がいない今 お前に用はない!ぐずぐずするな!と周老四とともに屋敷から追い出します。 すぐに周瑩は周老四と遠くへ旅立つことにします。 呉蔚 […]

月に咲く花の如く あらすじ17話

月に咲く花の如く あらすじ17話 「留まる想い」 親戚の1人が、災いは全て周瑩が招いている。東院が危機を脱するためには周瑩を追い出すことだ!と怒鳴ります。 それを聞いた周瑩は倒れてしまいます。 呉蔚文は医者から、周瑩が身ごもっていて左手首の脈のほうが強いので恐らく男の子でろうと伝えられます。 呉蔚文は周瑩が呉聘(ごへい)の子を宿していると知ると、周瑩には まだ伏せておいてほしいと頼み、まさに不幸中 […]

月に咲く花の如く あらすじ16話

月に咲く花の如く あらすじ16話 「連鎖する不幸」 呉聘(ごへい)が急死したことは、すぐに街中に広がります。 それを聞いた胡咏梅は、呉聘兄さんのわけないわ!あり得ない!何かの間違いに決まってる!と取り乱します。 呉蔚文(ごいぶん)は気丈に葬儀を執り行います。 そんな中、周瑩(しゅうえい)は墓穴に飛びこみ、呉聘と一緒にいる離れないと泣き叫び棺桶にすがりつき、引き離されると意識を失います。 周瑩が飲ま […]

月に咲く花の如く あらすじ15話

月に咲く花の如く あらすじ15話 「愛別離苦」 周老四が胡志存(こしそん)の店の前で故意に風評を流したことが 呉蔚文の耳に入り怒ります。 その上、周老四が飲み食いをして東院に請求しろと銀子を払わなかったりと周瑩の立場を悪くします。 呉聘(ごへい)は周老四の代わりに胡志存(こしそん)に金子と文を届けさせますが音沙汰がなく 心を痛めます。 しかし、その頃には胡志存は呉家東院を陥れる杜明礼(とめいれい) […]

1 3 41