ドラマファン

3/39ページ

月に咲く花の如く あらすじ10話

月に咲く花の如く あらすじ10話 「夫婦の形」 意識の戻らない呉聘(ごへい)を見てくれる医者が見つからず 周瑩はジョセフからもらった薬を飲ませることにします。 その薬は〝ぶどう酒〟と西洋の字で書かれていました… しばらくすると、呉聘は目覚めます。 呉聘は周瑩に、私に何を飲ませた?と問います。 周瑩は、西洋人にもらった薬を飲ませたと素直に話します。 呉聘は、君が教会に行ったのは、その薬をもらうためだ […]

月に咲く花の如く あらすじ9話

月に咲く花の如く あらすじ9話 「男女の縁」 呉聘(ごへい)は周瑩(周瑩)に、街を案内すると言われて うれしくて はしゃぎます。 周瑩は呉聘にナツメ餅を買ってもらい、おいしそうに頬張ります。 呉聘はそんな周瑩を見て、好きなら毎日買ってやると優しく言います。 そんな中、呉聘は周瑩が自分をだまして得た銀子を病気で食べるものもない困っていた家族に渡していたことを知って なんて善良なんだと感動します。 そ […]

月に咲く花の如く あらすじ8話

月に咲く花の如く あらすじ8話 「うごめく陰謀」 星移の父・沈四海(しんしかい)の屋敷に貝勒(ぺイレ)の部下・杜明礼(とめいれい)が訪問し、月生殿の死が残念だ。月生殿も浮かばれないでしょう。星移殿は牢から戻られましたか?と尋ねます。 沈四海(しんしかい)は首を横に振ります。 杜明礼は、呉蔚文には後ろ盾がある。あなた力では太刀打ちできませんよとそそのかします。 沈四海は、沈家は呉家に財力では かなわ […]

月に咲く花の如く あらすじ7話

月に咲く花の如く あらすじ7話 「山出しの若奥様」 婚儀の翌日、周瑩が目覚めると〝若奥様〟という扱われかたに戸惑います。 そんな周瑩の気持ちを呉聘(ごへい)は察して、母親への挨拶も周瑩に負担がかからぬように気遣うのでした。 そんな中、薬材偽造の疑惑も晴れ、呉家東院は喜びに包まれます。 周瑩はいつものように学徒房に行きますが、今までの仲間がよそよそしく 先生までもが授業をやめてしまいます。 その頃、 […]

月に咲く花の如く あらすじ6話

月に咲く花の如く あらすじ6話 「婚礼の奇跡」 呉聘(ごへい)の許嫁の子咏梅(こえいばい)は呉聘が虫の息だと伝えられると心配になります。 一方、呉蔚文(ごいぶん)は招ける医者は全員招き手を尽くしますが 呉聘の意識は戻らず、道士を呼んで占わせたところ 明日の酉時に婚儀を行えば効果があると言われて、胡志存(こしそん)に咏梅との 婚礼を打診します。 その話を聞いた咏梅は意識のない呉聘との婚礼を挙げること […]

月に咲く花の如く あらすじ5話

月に咲く花の如く あらすじ5話 「疑心暗鬼」 呉聘(ごへい)は沈月生が珍しい刃物で心臓を刺されていたと聞かされます。 そんな中、父の呉蔚文(ごいぶん)に反対されているにもかかわらず呉聘は沈家に弔問に行きますが、帰りに暴漢に襲われて意識不明の重体になります。 一方、周瑩(しゆうえい)は呉聘に今まで嘘をついていたことを謝り、呉(ご)家東院から出ていこうと呉聘の帰りを待っていました。 その時、ケガをした […]

月に咲く花の如く あらすじ4話

月に咲く花の如く あらすじ4話 「殺人事件の謎」 星移は周瑩の〝身売り証文〟を探します。 その頃、呉聘(ごへい)は呉家東院が朝廷に軍需品の膏薬を納める入札で勝ち、沈家とのわだかまりを解くために半分づつ納品をして利益を分け合うことを沈家の長男の沈月生(ちんげっせい)に提案し 協力し合う段取りをつけます。 呉聘(ごへい)と咏梅(えいばい)の婚礼が半年後に決まり、呉家東院は準備で忙しい中、周瑩は、咏梅っ […]

月に咲く花の如く あらすじ3話

月に咲く花の如く あらすじ3話 「商売の心得」 星移(せいい)は周瑩(しゅうえい)を取り返すために呉家東院を手下に見張らせていました。 周瑩は見張られていて外に出られないため、養父の周老四に逃げられないから2日待てと言付けを頼みますが、周老四は何日も前に去ったと伝えられます。 周瑩は呉家東院が生徒を集めて商売を教えている学徒房に興味を持ち始め、呉聘(ごへい)に、学徒房のの生徒になりたいと言います。 […]

月に咲く花の如く あらすじ2話

月に咲く花の如く あらすじ2話 「二つの商家」 沈星移(しんせいい)は地元の有力な商家である沈家の次男で 家族や使用人が手を焼く道楽者でした。 周瑩は星移の怪我の治療を庭に咲いていた草花をすり潰して痛みを和らげます。 星移は周瑩に、医者を追い出したから お前が私を治療しろと命じます。 周瑩は、構わないけど、私に乱暴せず罵らない。美味しいものを食べさせ 仕事も免除することが条件だと言います。 クビに […]

月に咲く花の如く あらすじ1話

月に咲く花の如く あらすじ1話 「流れ者の父娘」 周瑩(しゅうえい)は養父の周老四(しゅうろうし)と大道芸や詐欺で稼ぎながら、見知らぬ地を渡り歩いていました。 そんなある日、周榮は街中で呉聘(ごへい)に嘘の身の上話をして 金をせしめます。 人のいい呉聘(ごへい)は周瑩に騙されてるとは気づかず、困ったら 連絡するようにと名刺を渡すのでした。 賭博で借金した周老四は周瑩を地元の有力な商家に奉公に出しま […]

1 3 39