ドラマファン

4/41ページ

月に咲く花の如し あらすじ14話

月に咲く花の如し あらすじ14話 「六椽庁の朝会」 呉聘(ごへい)は三原質店に行き、適当に見つけたふりをして硯の 質入れ額が120両だと聞き出します。 その帰り道、呉聘は周瑩の大好きなナツメ餅を買っていると、胡咏梅(こえいばい)に声をかけられます。 胡咏梅は、あの日 あなたと話した後 考えました。私たちは まだ夫婦になれますと話します。 呉聘は、あり得ないと迷惑そうに答えます。 胡咏梅は、あの方と […]

月に咲く花の如く あらすじ13話

月に咲く花の如く あらすじ13話 「父娘の再会」 沈星移(しんせいい)は周瑩(しゅうえい)を捜しに来た周老四(しゅうろうし)が彼女の養父だと知って酒楼に誘います。 周老四は星移に、なぜ娘は逃げ出したんだ?乱暴したのか?と問います。 星移は、私に そんな度胸があるとでも?周瑩は大切に扱ったぞ。 仕事もさせず 自由に遊ばせたのに どうして逃げたんだか分からないと話します。 周老四は、俺には分かると言い […]

月に咲く花の如し あらすじ12話

月に咲く花の如し あらすじ12話 「満月の愛」 呉聘(ごへい)の母親は呉蔚文に、私だって周瑩に不満はある。でも息子が決めた嫁よ。追い出すなんて無理だわと説得します。 呉蔚文は、だったら ひざまずかせておけ。粗暴な性格をたたき直してやると答えます。 母親は、呉聘を巻き添えにしなくてもとはんたいしますが 呉蔚文は、そのほうが周瑩の薬になる。あの女子にとって呉聘が大切な者なら肝に銘じるだろう…と言うので […]

月に咲く花の如く あらすじ11話

月に咲く花の如く あらすじ11話 「若旦那の対決」 飢えた災民を救うため炊き出しをすると宣言した星移は、父・沈四海に話します。 沈四海は、米価は三月前より上昇して1石3両が今では5両だ。値上がりを見込んで仕入れたのだ。来年の正月前には さらに8両から10両にまで上がるだろう。分かったか?と分かりやすく説明しますが 星移は 帳簿を見ても、その話を理解できずに首を傾げます。 沈四海は、つまり 毎日 7 […]

月に咲く花の如く あらすじ10話

月に咲く花の如く あらすじ10話 「夫婦の形」 意識の戻らない呉聘(ごへい)を見てくれる医者が見つからず 周瑩はジョセフからもらった薬を飲ませることにします。 その薬は〝ぶどう酒〟と西洋の字で書かれていました… しばらくすると、呉聘は目覚めます。 呉聘は周瑩に、私に何を飲ませた?と問います。 周瑩は、西洋人にもらった薬を飲ませたと素直に話します。 呉聘は、君が教会に行ったのは、その薬をもらうためだ […]

月に咲く花の如く あらすじ9話

月に咲く花の如く あらすじ9話 「男女の縁」 呉聘(ごへい)は周瑩(周瑩)に、街を案内すると言われて うれしくて はしゃぎます。 周瑩は呉聘にナツメ餅を買ってもらい、おいしそうに頬張ります。 呉聘はそんな周瑩を見て、好きなら毎日買ってやると優しく言います。 そんな中、呉聘は周瑩が自分をだまして得た銀子を病気で食べるものもない困っていた家族に渡していたことを知って なんて善良なんだと感動します。 そ […]

月に咲く花の如く あらすじ8話

月に咲く花の如く あらすじ8話 「うごめく陰謀」 星移の父・沈四海(しんしかい)の屋敷に貝勒(ぺイレ)の部下・杜明礼(とめいれい)が訪問し、月生殿の死が残念だ。月生殿も浮かばれないでしょう。星移殿は牢から戻られましたか?と尋ねます。 沈四海(しんしかい)は首を横に振ります。 杜明礼は、呉蔚文には後ろ盾がある。あなた力では太刀打ちできませんよとそそのかします。 沈四海は、沈家は呉家に財力では かなわ […]

月に咲く花の如く あらすじ7話

月に咲く花の如く あらすじ7話 「山出しの若奥様」 婚儀の翌日、周瑩が目覚めると〝若奥様〟という扱われかたに戸惑います。 そんな周瑩の気持ちを呉聘(ごへい)は察して、母親への挨拶も周瑩に負担がかからぬように気遣うのでした。 そんな中、薬材偽造の疑惑も晴れ、呉家東院は喜びに包まれます。 周瑩はいつものように学徒房に行きますが、今までの仲間がよそよそしく 先生までもが授業をやめてしまいます。 その頃、 […]

月に咲く花の如く あらすじ6話

月に咲く花の如く あらすじ6話 「婚礼の奇跡」 呉聘(ごへい)の許嫁の子咏梅(こえいばい)は呉聘が虫の息だと伝えられると心配になります。 一方、呉蔚文(ごいぶん)は招ける医者は全員招き手を尽くしますが 呉聘の意識は戻らず、道士を呼んで占わせたところ 明日の酉時に婚儀を行えば効果があると言われて、胡志存(こしそん)に咏梅との 婚礼を打診します。 その話を聞いた咏梅は意識のない呉聘との婚礼を挙げること […]

月に咲く花の如く あらすじ5話

月に咲く花の如く あらすじ5話 「疑心暗鬼」 呉聘(ごへい)は沈月生が珍しい刃物で心臓を刺されていたと聞かされます。 そんな中、父の呉蔚文(ごいぶん)に反対されているにもかかわらず呉聘は沈家に弔問に行きますが、帰りに暴漢に襲われて意識不明の重体になります。 一方、周瑩(しゆうえい)は呉聘に今まで嘘をついていたことを謝り、呉(ご)家東院から出ていこうと呉聘の帰りを待っていました。 その時、ケガをした […]

1 4 41