女医明妃伝〜雪の日の誓い〜

5/5ページ

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ8話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ8話 「男装の医者」 静慈師太は允賢(いんけん)に、鄭斉(ていせい)から鍼の贈り物を預かってきたと渡し、新しいと使いづらくないかと心配していたわと伝えます。 允賢は、いいえ 本当に助かります。お礼を伝えてくださいと 言います。 静慈師太は、あの子は ひと癖ある性格でね…謝罪するなんて珍しいことなの。生みの母親を早くに亡くして 義母に育てられたせいだと大目に見てやっ […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ7話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ7話 「兄と弟」 鄭斉(陛下)は允賢が気になりお忍びで抗家を訪れ 紫蘇から徐侍郎が允賢への腹いせに牢の食事係の羅さんを叩き殺し允賢が沈んでいると聞かされて、徐侍郎に腹を立てます。 鄭斉はその帰り道、捜していた朱鈺が皇太后に軟禁されていることを知り密かに訪ねます。 朱鈺は兄(皇帝陛下)を見ると、やはり来てくださったと 笑顔になるのでした。 朱鈺は兄に、天に誓います。 […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ6話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ6話 「冤罪」 允賢(いんけん)の最終審理が順天府で始まる。 徐夫人の死について太医院の院判を務める程十三は、保身のために允賢にすべての責任を押しつけようと画策していました。 更に徐夫人の使用人が偽証したことで允賢の立場は危うくなり ます。 そこに、王淑人が允賢の証人として現れ、徐夫人と抗允賢さんは下痢の話をしていないと話します。 しかし、程十三の甥であり太医でも […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ5話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ5話 「囚人の病」 允賢(いんけん)が処方箋を渡した徐夫人が死んだことで 順天府の牢に入れられてしまいます。 そんな中、徐侍郎の差し金で允賢は病人ばかりの房に移され、 囚人たちの病を治療をします。 一方、朱鈺(しゅぎょく)は皇太后の怒りを買い軟禁されていて、髪飾りを送った抗さんが人を殺めたようで順天府の牢に入れられたそうだと伝えられて、人を殺すような人じゃない!濡 […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い あらすじ4話

女医明妃伝〜雪の日の誓い あらすじ4話 「優しさが招いた苦難」 朱鈺(郕王) は永慶庵で兄の英宗と会うつもりでいましたが、皇太后の謀である帝位を拒んだために軟禁されます。 一方、徐侍郎の息子との縁談が持ち上がった允賢は、早くに母を亡くして祖母に育てられました その恩に報いようと天に誓ったのです。最期の時まで祖母のそばに仕えると…それにはお相手に婿入りしていただかねば…徐家は3代続けて一人息子であら […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ3話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ3話 「偶然の再会」 于夫人の止血に成功した允賢(いんけん)は、静慈師太の甥と名乗る元宝こと鄭斉(ていせい)とともに永慶庵へ馬車で戻ることに。 しかし何気ない一言から鄭斉を怒らせてしまい、荒野で置き去りにされた允賢は、馬の尻を叩いたたに馬が暴走します。 助けを求める声に気がついた男が馬車を追いかけて行き、薬草の鉄皮石斛(てっぴせっこく)を使い暴れ馬を鎮めてくれます […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜 あらすじ2話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜 あらすじ2話 「医術にかける思い」 允賢(いんけん)は家訓で禁じられている医術で人を救った ことが父の知るところになり、医術を学ぶことも、医書を読むことも、病人の診療も許さないと厳しく叱責されて医書を焼かれてしまうのでした。 そんな中、允賢が徐家の大奥様に処方した薬が誤っていたため、体調を崩していることを知って落ち込みます。 数日後、徐家の大奥様がまだ治ってなくて自分の […]

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ1話

女医明妃伝〜雪の日の誓い〜あらすじ1話 「初めての診療」 〝明代の中期  程朱学(新しい儒学)が隆盛を極める 厳格な儒教の教えにより女性の地位は さらに低下 貴族の女子は外出が制限され 医官にもなれない 女性は たとえ病気になっても  男性医師の診療を受けられなかった 助産師を生業とする民間人の女性すら 堅気の仕事ではないと貶められていた” そんな時代に、徐侍郎の屋敷では 大奥様の古希の祝宴が 盛 […]

1 5