招揺(しょうよう)

1/5ページ

招揺 あらすじ44話

招揺 あらすじ44話 「目障りな恩人」 万路門では門主3人の体制が始まります。 姜武(きょうぶ)は、勝手に無悪殿を自分の寝床に決めます。 姜武は夢の中で琴千弦に出会います。 琴千弦は姜武に、変わったな…やっと〝慈しむ”心を知ったかと言います。 姜武は、何を知ろうと お前には関係ない!と言います。 目が覚めた姜武は傍若無人な行動で門徒たちを困らせ、何かと路招に言い寄ります。 そんな中、まともな門主の […]

招揺 あらすじ43話

招揺 あらすじ43話 「三人の門主」 ついに4度目の炸(さく)裂を起こし花火となった招揺は万路門に戻ってきましたがひどく衰弱していました。 牢から出た厲塵瀾(れいじんらん)はそんな招揺を抱きしめ、これからは全ての苦しみを俺が受ける。これで4度目…心配でならぬと言います。 招揺は、私は悪名高き女魔王よ…地獄に行っても門前払いされるわ…と答えます。   厲塵瀾は、黄泉の国に攻め入っでも必ず君を連れ戻す […]

招揺 あらすじ42話

招揺 あらすじ42話 「捕らわれの身」 姜武(きょうぶ)は招揺に、お前に惚れた理由を聞きたくないか?と聞きます。 聞きたくないと答える招揺に姜武は、知りたくなくても言う。お前が原因で生まれた者がいる。信じるか?と聞きます。 招揺は、信じるわ。あなたでしょ?と答えます。 知ってたかと言う姜武に招揺は、琴千弦から聞いたと答えます。 姜武は、その時の状況と似てないか?琴千弦と過ごした日々だ…人は俺を琴千 […]

招揺 あらすじ41話

招揺 あらすじ41話 「婚礼の儀」 厲塵瀾(れいじんらん)は司馬容に、心蓮の力を解放するにはどうすればいい?と尋ねます。 司馬容は、心蓮は千塵閣の宝だ。千塵閣の閣主しか操ることができぬが 琴閣主は法力を奪われたうえ眠ったままだ…何とか別の方法を考えてみると答えます。 万路門では招揺と厲塵瀾の婚礼に向け、門徒は皆、準備に追われていました。 そんな中、顧晗光(こかんこう)は婚礼の料理を考えている沈千錦 […]

招揺 あらすじ40話

招揺 あらすじ40話 「紙吹雪の中で」 路十七と琴芷嫣(きんしえん)は千塵閣にいる琴千弦を 見舞います。 琴芷嫣は溯言(そげん)から、心蓮を万路門に届けるようにと渡されます。 一方、錦繡公子たちは、姜武と万路門を戦わせ、両者が弱ったところを倒そうと画策していました。 その頃、林子豫(りんしよ)は遅天明(ちてんめい)に 万路門の見取り図を催促され明日の朝渡すと言います。 万路門では、司馬容が厲塵瀾( […]

招揺 あらすじ39話

招揺 あらすじ39話 「究極の敵」 千塵(せんじん)閣に戻った琴千弦は門徒たちを集め、 昨今 世間に流れる多くの噂には真実もあれば偽りもある。私が剣塚から路招揺を連れ去った件は確かに事実だ… 私は清浄の境地に達したと思い上がっていた。 だが心の底には世俗への未練があったのだ…路招揺の地下牢に丸一日捕らわれたことで心の静寂が乱され心魔を生じたと正直に打ち明けます。 琴千弦は話を続け、そこで5年前に路 […]

招揺 あらすじ38話

招揺 あらすじ38話 「海棠の木」 袁桀と謀反に失敗した林子豫(りんしよ)は遅天明(ちてんめい)を訪ね、取引をしたいと告げます。 お前ごときがか?と馬鹿にする遅天明に林子豫は、万路門の弱点を知りたくないですか?私は万路門に反旗を翻し失敗した…宗門以外に身の寄せ所がないと言います 遅天明は、そなたのような才女は我が宗門も大歓迎だ。 何が望みだ?と問います。 林子豫は、路招揺に死を!と答えます。 その […]

招揺 あらすじ37話

招揺 あらすじ37話 「ならず者の企み」 万路門では、滄嶺(そうれい)と別れた琴芷嫣(きんしえん)が、〝来世では一緒になれるかな″と滄嶺に問われたことを思い出し涙ぐんでいました。 招揺と路十七は慰める言葉も見つからず、そばにいると 目の前に姜武(きょうぶ)が現れます。 姜武(きょうぶ)は招揺を見ると、別嬪さんの正体はお前か?氷窟で見たぞ。その怒りに満ちた顔…実に美しい…と頬を触ります。 招揺は、こ […]

招揺 あらすじ36話

招揺 あらすじ36話 「それぞれの決断」 七夕の夜、夜市に行った招揺は厲塵瀾(れいじんらん)に、私が琴芷嫣(きんしえん)ではないといつ分かったの?と尋ねます。 厲塵瀾(れいじんらん)は、君が柳滄嶺(りゅうそうれい)を逃して袁桀の杖を受けた時だ。あんな気迫を持つのは君しかいないと答えます。 それでこれをくれたの?と首飾りを見せる招揺に厲塵瀾(れいじんらん)は、うんと答えます。 以前 山門の前で首にか […]

招揺 あらすじ35話

招揺 あらすじ35話 「ひとときの安寧」 招揺が戻って来ても偽者だと言う袁桀に厲塵瀾(れいじんらん)は、招揺を裏切ることはこの私が許さぬ!と言います。 袁桀は、私が忠誠を誓ったのは本物の路招揺だけ!偽の路招揺には何の義理もない。かくなる上はここで けりをけよう!と襲いかかります。 袁桀は厲塵瀾(れいじんらん)の技に倒れ死にます。 林子豫(りんしよ)は招揺に背き襲いかかりますが、 そこに路十七が門主 […]

1 5