招揺(しょうよう)

3/6ページ

招揺 あらすじ35話

招揺 あらすじ35話 「ひとときの安寧」 招揺が戻って来ても偽者だと言う袁桀に厲塵瀾(れいじんらん)は、招揺を裏切ることはこの私が許さぬ!と言います。 袁桀は、私が忠誠を誓ったのは本物の路招揺だけ!偽の路招揺には何の義理もない。かくなる上はここで けりをけよう!と襲いかかります。 袁桀は厲塵瀾(れいじんらん)の技に倒れ死にます。 林子豫(りんしよ)は招揺に背き襲いかかりますが、 そこに路十七が門主 […]

招揺 あらすじ34話

招揺 あらすじ34話 「門主の帰還」 厲塵瀾(れいじんらん)が九天術を行なっている間に 牢から脱獄した林子豫(りんしよ)と北山主・袁桀(えんけつ)は手を組み謀反を起こします。 その頃、芷嫣は滄嶺に改めて昔の私たちには戻れないと告げ、あなたが頑張れば鑒心(かんしん)門を再興できると励まします。 滄嶺は、本当に君は変わったね…強くなった…他人の心まで気遣うほどに…と言います。 一方、袁桀たちの配下が西 […]

招揺 あらすじ33話

招揺 あらすじ33話 「封印を解かれて」 芷嫣は滄嶺(そうれい)に薬を飲ませながら、自分のために招揺が行方不明になり、厲塵瀾(れいじんらん)も命が危なかった…自分のせいで犠牲になってしまったという罪悪感で涙を流します。 そこに南山主、顧晗光(こかんこう)が薬を取り替えにきます。 芷嫣は顧晗光に、誰かを救うために誰かを犠牲にしたことで罪悪感に耐えられません…沈千錦楼主を救った時もつらい選択でしたか? […]

招揺 あらすじ32話

招揺 あらすじ32話 「唯一無二の選択」 鏡に映る自分の過去を見た招揺は、厲塵瀾(れいじんらん)との間にあった衝撃の過去だけではなく、 琴千弦が私を救ってくれた…?と独り言を言います。 そして厲塵瀾(れいじんらん)が瓦礫の下になった招揺を 必死に助け出そうとしている姿が映し出されるのでした。 振り向くと婚約者が、涙なしでは見られません…そんなに思われているならその人に嫁ぐべきです…と告げます。 招 […]

招揺 あらすじ31話

招揺 あらすじ31話 「過去を映す鏡」 招揺はついに洛明軒を倒すのでした。 厲塵瀾(れいじんらん)は体力を消耗した招揺を抱え 安全な場所に連れて行きます。 招揺は自分が付けた名で、墨青…世の中は ままならないわ…あなたと違ってね…と口づけし厲塵瀾(れいじんらん)の前から消えてしまうのでした。 一方、素山では姜武(きょうぶ)が路招揺の心魔から 俺が生まれたと気づきます 琴千弦と路十七も素山の中をさま […]

招揺 あらすじ30話

招揺 あらすじ30話 「女魔王、再び」 路十七は琴千弦に、門主に会いに行きたいの ここから出して!と頼みます。 琴千弦は、今の私の力では出口を見つけられない…だが君ならできるやも…と言います。 私が?どうして?と問う路十七に琴千弦は、君は他の者とは違うと答えます。 人より力持ちなだけよと答える路十七に琴千弦は術が効かぬ体だ。迷路陣は術で作られている。入った以上は出られるはずだと優しい眼差しを向けま […]

招揺 あらすじ29話

招揺 あらすじ29話 「目覚めの時」 林子豫(りんしよ)は芷嫣に、今から一刻以内に鳳山へ行け。さもなくば柳滄嶺(りゅうそうれい)は死ぬと伝えます。 芷嫣は招揺に、滄嶺が殺されそうなの。だから助けに行く!と荷物をまとめます。 招揺は、奴らの狙いは あなたたのよ!と止めます。 行かなければ滄嶺が殺されてしまうと言う芷嫣に招揺は、 瞬行術しかできないくせに どう戦うの?厲塵瀾(れいじんらん)の怪我が治っ […]

招揺 あらすじ28話

招揺 あらすじ28話 「医術と恋」 宗門大会の場から琴千弦を救い出した路十七(ろじゅうしち)は招揺の命に従い万路門を目指しますが、姜武(きょうぶ)に追われます。 そこで琴千弦が素山の迷路陣に逃げ込むように路十七に指示します。 一方、万路門に連れて来られた沈千錦(しんせんきん)は顧晗光(こかんこう)の治療を受けていました。 意識が戻った沈千錦は、顧晗光(こかんこう)に、あなたはどなた?と尋ねます。 […]

招揺 あらすじ27話

招揺 あらすじ27話 「復活への執念」 宗門大会の場で柳蘇若は琴千弦に〝宗門のため血を差し出せ”と公然と要求します。 琴千弦は、私の血で金仙の封印を解くと言うが本当にわずかな血で済むと?琴瑜は琴家の血ゆえに命を失ったのでは?真相が分からぬうちは安易に血は差し出せません。更に厲塵瀾(れいじんらん)が鍳心門を襲撃したのは本当に痴情ゆえの所業なのかどうか…滄嶺が目覚めてから改めて判断すべきでしょう… そ […]

招揺 あらすじ26話

招揺 あらすじ26話 「琴千弦の意志」 琴芷嫣(きんしえん)は宗門大会で柳蘇若の悪行の数々を白日の下にさらして見せる!と決意します。 招揺は、愚かしい。何も分かってない。宗門は捲土重来を果たさんと躍起なの。洛明軒を復活させるためなら他人の命など平気で奪う。〝万路門に引けを取るな”そう大義名分を掲げてねと教えます。 芷嫣は、私は宗門傘下の玄玉堂の跡取りよ。頼りなくて非力だけど自分の責任を果たしたい。 […]

1 3 6