花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子

1/5ページ

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ46話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ46話 「莫府の悲劇」 盗賊と官兵に追われている不棄に莫若菲は、母上に代わって償わせてくれ。都入りは難しいから私と行こう。莫府の馬車なら尋問は受けぬ。手伝わせてくれと説得します。 その道中、誠王の孫が謀反を起こしたと耳にします。 不棄たちが莫府に到着したところに官兵が現れ、 隠し部屋に逃げ込みますが莫夫人と剣声が次々と殺されてしまいます。 何とか逃げ […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ45話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ45話 「皇帝の刃」 陳煜(ちんいく)は朱八華を救うために牢に潜入しますが 白漸飛 の計略にはまり捕らえられてしまいます。 皇帝は陳煜に、碧羅天を探すどころか花不棄を連れて逃げ牢まで破るとは罪は重いぞ。罪を認めるなら碧羅天の地図と聖珠を渡すよう迫られ短刀で胸を刺されます。 皇帝は自ら陳煜の胸を刺し、大医を呼びます。 大医は、傷口が深く出血も多いため恐 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ44話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ44話 「つかの間の蜜月」 雲琅(うんろう)は莫府を訪ね、林兄妹に、馬疫の治療に苦練草と鉄馬蓮が必要ですと訴えます。 林玉泉は、呉府から大口の注文があり切れているのだと言います。 林玉泉は、自分たちを脅している男からの指示で、薬は渡すなと言われていました。 林丹砂は兄に刃向かいますが、縄で縛られ閉じ込められますが逃げ出し、雲琅に薬を渡します。 飛雲堡 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ43話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ43話 「誠王の末裔」 陳煜は口の利けない白瑪に変装し、朱家の店で働くことになります。 一方、蕭九鳳(しょうきゅうほう)は白瑪からの知らせが届き、砂漠の地理に詳しい白瑪を花不棄が雇い入れたと 書いてありました。 それを聞いた東方炻は、砂漠を通る護送車を襲うとしたら その中には陳煜がいるのでは?と憶測します。 蕭九鳳は、朱府の護衛を斉雲山に集結させて護 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ42話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ42話 「碧羅天の聖女」 東方炻は不棄に、蓮衣客の自作自演なのか確かめたかった。奴を好きなのか?と聞きます。   不棄は、くだらない。好きなんだから当然よと答えます。 東方炻は、残念だが奴は大罪を犯した。解放は諦めよ。奴は陛下の欲する物を持つ。陛下に渡しても死罪は免れぬが 拒んだところで渡すまで牢で拷問を受け続けるだろう。 数ある拷問道具を試す実験台 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ41話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ41話 「皇帝の特使」 陳煜は謀反の罪に問われ西楚州の牢へ護送されて行きます。 小六と不棄は物陰から護送される陳煜を見て事情が分からず動揺します。 陳煜と祖父の蕭九鳳は護送される陳煜を見て、小丘林の件から数日で皇帝が動くとは…例の物が陳煜の手に渡ったことを知ったのか?と疑念を持ちます。 蕭九鳳は東方炻に配下を全員 放ち内情を探らせるのだ。陳煜が本当に […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ40話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ40話 「無念の死」 小丘林で碧羅天の入り口を探していた阿福は、とうとう見つけるのでしたが、蕭九鳳や柳明月らに見つかってしまうのでした。 そこに陳煜らが現れ、阿福たちを救出します。 矢が刺さり虫の息の柳明月に柳青妍は、両親を殺して私たち姉妹をさらい、幼い私と青蕪に非常な訓練を課した。姉妹を敵対させもしたわ。殺す理由は十分でしょ?と言います 柳明月は、 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ39話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ39話 「火花散る郡王府」 銷金窟にいた朱寿は玉夫人との賭けの勝負に負けていて、花不棄の機転で賭けに勝ち、100 万両は帳消しになります。 一方、明月山荘にいた柳青蕪は突然、東方炻の配下たちに襲われ、明月山荘にいた者は全員殺されてしまいます。 柳青蕪と侍女は命からがら郡王府に逃げ込みます。 そして、不棄は怪我をした陳煜と東平郡王府に到着します。 そん […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ38話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ38話 「救出の委任状」 東方炻の思惑通り、陳煜を盗賊の根城に残したまま、救い出された花不棄は、西楚州の城門で陳煜の配下の小六(しょうろく)と韓業(かんぎょう)がいることに気がつきます。 東方炻を振り切った不棄は小六に駆け寄り、陳煜を助けて!盗賊に捕まってるのと、盗賊の見張りの配置図を渡すのでした。 韓業は関将軍と共に陳煜を救出するため盗賊の根城に向 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ37話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ37話 「100万両の人質」 不棄が盗賊に捕らわれている頃、陳煜と東方炻は2人で 盗賊を誘き寄せると根城へ案内させていました。 その頃 不棄は馬大胡子(だたいこし)に、風水大輪盤を描きこれがあれば勝率は9割。手下の銭が舞い込んでくる。手下が金欠になれば嫌でも従うとか、新しい賭け術を教えて、その見返りに外に出て散歩することを許されます。 不棄は盗賊たち […]

1 5