花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子

4/5ページ

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ21話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ21話 「大商家は借金だらけ」 不棄は祖父・朱八華に、どうしてよ?銀子が足りないなら家財を売ればいい!借金を返していれば母上と九は死なずに済んだ…と泣きます。 朱八華は、謎の男は抵当に入れなた土地や店などには目もくれなかった。必要なのは銀子だけだと。だが家財を全部 銀子に替えたら朱一族は帰る家を失い離散してしまう!と泣きながら 言います。 だから母上 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ20話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ20話 「朱家の孫娘」 不棄(ふき)は小蝦(しょうか)に、私の埋葬に王府から誰か来なかった?と尋ねます。 いいえ…信王に来てほしかったのですか?と問う小蝦に不棄は、違うわ…と答えます。 小蝦は、お嬢様の死が偽りで蘇州府で復活したことを都で知る者はいません。過去は忘れてください。ここで新しい人生を…と話します。 不棄は、そうね…花不棄は死んだのよ。過去 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ19話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ19話 「神医現る」 莫府で行われた花不棄の葬儀には信王も陳煜も欠席するのでした。 雲琅は1人墓地で埋められた花不棄を見守ります。 すると、そこに小蝦たちが現れ墓を掘り起こします。 雲琅は、どこへ連れて行くか教えてくれと頼みます。 小蝦は、体内の毒を消すため静養地に向かいます。お嬢様のことは忘れてくださいと答えます。 雲琅は、ならぬ。治るまで私が看病 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ18話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ18話 「胸に秘めた想い」 花不棄は、莫夫人に毒を盛られしにかけていましたが 珠福の指示で小蝦(しょうか)が仮死薬を飲ませて仮死状態にし雲琅に、一刻も早く埋葬してください。安全なところへ連れて行きますと告げます。 雲琅は、お前を信じよう…本当に救えるのだな?と聞きます。 小蝦は、私の素性は明かせませんがご協力をと頼みます。 そんな中、雲琅は花不棄が蓮 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ17話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ17話 「積年の恨み」 花不棄と雲琅は莫若菲が毒に倒れたと知らせを受け、すぐに 莫府に戻ります。 林玉泉が莫若菲の脈を診ると何かを悟り、毒を調べるからと皆を外に出します。 林玉泉は皆に、手は尽くしましたが解毒はできません。薬を処方し一刻ごとに銀鍼で毒の回りを抑えても余命は3日だと告げます。 莫夫人は莫若菲が助からないなら不棄も道連れにしてやると 毒を […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ15話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ15話 「最後を告げる夜」 莫夫人はまた莫府に戻ってきたか花不棄を二度と起き上がれぬ体にしてやると計略していました。 花不棄は莫府で養生しますが、一向に回復しないことを案じた陳煜は蓮衣客として莫府を訪れます。 咳が止まらず苦しむ不棄の前に蓮衣客が現れ、それが最後になると告げます。 花不棄は、最後だなんて どうして?とすがり、私があんなことを言うから離 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ14話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ14話 「九(きゅう)おじさんの秘密」 莫家からの帰り道、花不棄は王府の従者をまいて逃げ出し、 興源質店に向かいます。 花不棄は番頭に鉢を見せ、赤殿に会わせてと頼みますが、何の反応もせず失望した不棄は質店をあとにします。 花不棄を追いかけてきた番頭がある詩の一句をつぶやくと、 それは九おじさんの自作の詩で驚きます。 あなたが赤殿?と尋ねる花不棄に番頭 […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ 13話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ 13話 「灯籠に込めた誠意」 明月山荘の柳明月が信王を目覚めさせる術があると王府にやってきます。 柳青蕪は、母は遊歴中多くの術師に出会い、医術もその時学んだそうですと口添えします。 柳明月は信王に鍼を打って目覚めさせると、4カ月延命する代わりに莫府ではなく朱府に官銀流通権を与えてくださいと持ちかけます。 返事をしない信王に柳明月は、薛菲に会いたくは […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ12話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ12話 「胸の痣」 莫若菲は青児(林青妍)に、大晦日に不棄を助けたのは何のためだ?と問います。 青児(林青妍)は、私に下心があるとお疑いなんですね?確かに私が体を張って助けたのはお嬢様のためではありません。忠義に振る舞って若様に取り入るためですと嘘を言います。 莫若菲は、厨房の不埒な総管から逃げる策略だったのだなと 言います。 青児(林青妍)は、美し […]

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ11話

花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-あらすじ11話 「ありし日の舞」 陳煜(ちんいく)は花不棄に鉢を返し、今日から王府に住め。むやみに出歩かず用事は侍女に申し付けよ。王府にとってそなたは招かれざる客だと言います。 花不棄は、安心して。世の令嬢を見習って屋敷から一歩も出ないし迷惑はかけないと答えます。 やけに素直だなと言う陳煜に花不棄は、殿下に従えば穏やかに過ごせる。だけど私そのものが不機嫌の種 […]

1 4 5