霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜

1/4ページ

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ39話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ39話 「鳥族の食糧」 食糧難の鳥族を救うため首領である穂禾(すいか)は、天帝に天界の穀倉開放の上奏文を送りますが返事が届かず、 天界に行き天帝に直訴するしかないと考えていました。 上奏文は潤玉に燃やされていました。 食糧問題の未解決を責める長老たちに穂禾は、隠雀長老は数日前に魔尊と会っていた。天帝はその話に不満の意を示され鳥族をお疑いになった…私が釈明しなけれ […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ37話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ37話 「母の罪の報い」 温厚だった水神でしたが、錦覓を殺めようとしたことへの怒り、そして梓芬を死に追いやった恨みから、天后を殺そうと します。 しかし、その一撃を母をかばった旭鳳が受けると、母は先の花神に手をかけ…錦覓を傷つけた重罪人です。その罰は私が受けましょう…ですからどうか母の命はお助けに…と目を閉じます。 旭鳳の言葉を聞いた天帝は天后が梓芬を殺していた […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ36話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ36話 「真実の夢」 鎏英は錦覓から魘獣を借り暮辞が見ている夢の内容を知ろうとします。 魘獣が吐いた夢の玉を見た鎏英は、天后が暮辞に人間界で錦覓を殺すよう命じるところや、暮辞が自らの血で滅霊箭を作り出す場面が映し出され、天后が暮辞を操っていたと知ります。 鎏英は錦覓に、滅霊箭で肉肉の命を奪ったのは私の友人・暮辞だった…暮辞は仕方なくあなたを狙ったのと謝ります。 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ35話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ35話 「父と娘」 天后は簌離(そくり)の喪に服す潤玉に外出を禁じ、 さらに喪衣を2種類用意すると、龍魚族の喪服か天界の喪服を着るかの選択を迫ります。 潤玉は天帝から、今後はそなたが天后の力を抑え込んでくれと 頼まれたことを思い出し、屈辱に耐えながら天界の喪服を選びます。 受け取った喪服を床に叩きつけると、彦佑(げんゆう)と鯉児 (りじ)が入ってきて、すべてを捨 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ34話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ34話 「鳳凰灯の夜」 旭鳳は錦覓に文を書いていました。 〝今宵 留梓池(りゅうしいけ)で共に桂花酒を飲もう”と… 旭鳳は留梓池に鳳凰灯を吊るします。 錦覓は旭鳳からの文を受け取ると うれしそうに読みます。 一方、鎏英は旭鳳を訪ね、錦覓を狙ったのは滅霊族の暮辞だと 明かします。 鎏英は、滅霊箭は一族の者の血で作られ〝幽冥の怒り”を起こす。誰かに脅かされない限り作 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ33話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ33話 「天雷電火の刑」 潤玉は鄺露(こうろ)から、天后が洞庭水族に刑罰を与えることを伝えられます。 潤玉は天帝に止めるように言いますが聞く耳を持たないため 天后の元に行き、雷公と雷母がいる分かると、義母上が罰したいのは私でしょうと言います。 天后は、もちろん3万の洞庭水族は、死刑に処するつもりだ。だが そなたは主。処罰を受けて当然であろうと答えます。 一族は罪 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛の姫〜あらすじ32話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛の姫〜あらすじ32話 「親友の死」 暮辞(ぼじ)が錦覓(きんべき)を狙って放った滅霊箭は、羌活(きょうかつ)に刺さります。 羌活は錦覓に、らいせがあるなら…また友達に…と言って亡くなります。 錦覓はその瞬間、肉肉が亡くなった時の記憶を取り戻します。 錦覓は、肉肉なの?と涙を流し、二度も永遠に親友を失ったことを嘆き、喀血し、逝ってしまいます。 その頃、鎏英(りゅうえい)は暮 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ31話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ31話 「味も色もない薬」 穂禾は父の南平侯に内緒で戦地にいる熠王の元にやってきます。 兵法を学ぶ穂禾は、心身ともに熠王を守ろうと意気込みます。 翌日、熠王の命を狙う南平侯が、熠王が少数の兵と通る難所で待ち伏せし奇襲をかけます。 しかし娘の穂禾がいることに気づくと、決して娘を傷つけてはならぬ。その他の者は 皆殺しだ!と命じます。 一方、錦覓は熠王が出征し、都で彼 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ30話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ30話 「2人の母」 暮辞(ぼじ)は天后を洞庭湖の辺りに連れてきて、夜神(潤玉)たちが来たのはこの辺りですと伝えます。 天后は、霊力の気配がする…ここが本拠地に違いない。天界に戻り兵を集めよ。奴らを一網打尽にせよと命じます。 その時、彦佑(げんゆう)が現れ、天后へいがお越しでしたかと挨拶をします。 天后は、またお前か!なぜ水神の縄張りにいる?何か企んでおるなと警 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ29話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ29話 「最後の生き残り」 洞庭君は彦佑に今までのことを打ち明け始めます。 1人で潤玉を産み、一族の恥と呼ばれ誰からも見放された上、天后から潤玉を守る必要があった…天帝への恨みで潤玉に当たることも、潤玉を恨んだりもした…疲れ果ていっそ死にたいとも思った…と話します。 つらかったのですねと慰める彦佑に洞庭君は、つらかったのは 潤玉なのだ…潤玉は治癒力が高く幾日も立 […]

1 4