霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜

1/6ページ

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ55話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ55話 「本性を知る」 穂禾は潤玉に、太上老君が作った九転金丹にどんな小細工をしたの?と詰め寄ります。 潤玉は、金丹から火性を取り除いただけだと平然と答えます。 穂禾は、天帝陛下は深く愛している錦覓を欺いてまで利用するのですね。錦覓が旭鳳を救うために金丹を手に入れると確信したから故意に金丹から火性を除いた…それが旭鳳の体に害を与えると知っていた…錦覓は手駒にされ […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛の姫〜あらすじ54話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛の姫〜あらすじ54話 「ついに夫婦に」 潤玉は鄺露(こうろ)に錦覓と婚姻を結ぶ。すがすがしく承諾してくれたのだとうれしそうに伝えます。 潤玉が好きな鄺露は、おめでとうございます。婚儀はいつの予定ですか?と悲しい気持ちを隠し聞きます。 潤玉は、来月の15日だと答えます。 一方、鎏英と暮辞の婚儀の日。〝あの場所″である青天洞で 卞城王、旭鳳、鎏英は暮辞を待ち続けます。卞城王が […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ53話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ53話 「約束の地」 暮辞がまたも姿を消してしまった鎏英は父の卞城王に、捜したけどどこにもいないと言います。 卞城王は、お前に累が及ぶのを恐れたのだと慰めます。 鎏英は、でも婚儀を挙げると約束したのと言います。 卞城王は、婚儀だと?なぜ私に隠していたと怒ります。 鎏英は、ごめんなさい…急いで決めたの…暮辞が弱ってるから 穏やかな余生をすごしてほしくて…父上は反対 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ52話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ52話 「父の敵」 錦覓(きんべき)は彦佑の命を救うために、魔界の九嬰洞に入って行きます。 錦覓は観塵鏡を使って老胡に教えてもらいながら九嬰壁の九つの目の中から赤い目を狙えば それが内丹だと教えられて 取ろうとしますが、色覚を失った錦覓には赤い色が分からないのでした。 錦覓は老胡に、どれが赤なの?と観塵鏡で見せますが、目がやられて分からないのでした。 その時、〝 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ51話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ51話 「花は再び咲いた」 錦覓は迷った末、もう一度だけ…花が咲いたら…また会いに行く。咲かなければ…二度と会いに行かないと決め、枯れ果てた鳳凰花に霊力を送ります。 すると鳳凰花は息を吹き返し満開に咲き誇るのでした。 目を開けた錦覓は満開の紅い鳳凰花を見て錦覓はうれしくて涙を流します。 花が灰色なのに喜んでいる錦覓を見ていた鄺露は、哀れむ表情になるのでした。 一 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ50話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ50話 「古い善行」 潤玉によって璇璣宮に結界を張られた錦覓は、彦佑を呼び出し 結界を破ってほしいと頼みます。 彦佑は、錦覓よ陛下に何をしたんだ?こんな強固な結界を張るなんて…と聞きます。 彦佑は錦覓に、火神(旭鳳)が生き返ったらしいが君の仕業か?と問います。 うなずく錦覓に彦佑は、君以外にはできぬからな。だから陛下が六界に命を出したのか…火神の神籍を剥奪し天界 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ49話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ49話 「恩を返す」 魔界の日没の地で旭鳳は、穂禾に最後の魄を守られ、錦覓が 与えた九転金丹で復活します。 旭鳳は、父上…母上…なぜ死んだのです…私1人残して…と嘆きます。 天界に戻った旭鳳は父母を弔いに先賢殿に行きます。 鄺露は潤玉に、何者かが先賢殿の結界を破ったと伝えにきます。 潤玉は、間違いない旭鳳だ…と言うと先賢殿に向かいます。 母の位牌を探す旭鳳に潤玉 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ48話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ48話 「報われない愛」 鄺露は天帝である潤玉が〝夢陀経″にある術を使って錦覓を助けたことを知ります。 それは天界の禁術・血霊子を天帝が使ったと伝わったら六界に波乱が起き、錦覓も避難されるものでした。 潤玉は鄺露に、絶対に誰にも知られてはならぬと命じます。 その頃、璇璣宮では錦覓が目覚めます。 何が起きたのか記憶がない錦覓に鄺露は、玄穹の光の威力でお体を損なわれ […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ47話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ47話 「命がけの登山」 錦覓、月下仙人、彦佑の3人は、廉晁(れんちょう)を捜すため翼渺洲の蛇山の麓にやってきます。 月下仙人は、錦覓と彦佑に、霊力は制御され法術も意味を成さず自分の足で登らねばならぬ。この小道以外に頂上には行けないと話します。 そんな3人を茂みの中から見つめる男がいました。 3人の行く手にたくさんの毒蛇が出てくると彦佑が笛を吹き 追い払おうとし […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ46話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ46話 「穏やかな余生」 魔界では固城王が鎏英に、我が子も同然に思っている…今日 この宴席より これまでの恨みは水に流そうと提案します。 気にかけてくださり光栄ですと答える鎏英に固城王は、1日も早く父親の王位を継ぐのだ。ただお前は天界の神仙たちと親交を深め我々には反抗ばかりしている。自粛せねば魔族を統一できぬぞ。以前 私はお前の命を狙ったが、それはお前の心を鍛え […]

1 6