月に咲く花の如く あらすじ56話

月に咲く花の如く あらすじ56話 「正義の裏側」 沈四海は杜明礼の指示に従い、趙白石を失脚させ周瑩を潰すために訴状を書きます。 一方、味経書院で住み込みで働きはじめた沈星移は、〝変法″の話を聴くうちに興味を持ち、いろいろな本を読むようになります。 同じ頃、趙白石の元に恩師である張長清がやってきます。 その後、趙白石は味経書院にいる星移を訪ねて行き、 杜明礼を排除するおため手を組もうと持ちかけます。 […]

月に咲く花の如く あらすじ55話

月に咲く花の如く あらすじ55話 「栄華の回復」 水に浸かった茶葉が おいしいとわかった周瑩は これを売り出そうと考えます。 東院に戻ると周瑩は韓夫人の千紅(せんこう)に、侍女たちに化粧の仕方やお客をもてなす極意を教えてやってと頼みます。 妓楼でも開くの?と聞く千紅に周瑩は、〝裕隆全″で売り込みをさせるの。お客を引きつけるには めかし込まなきゃ!と ウキウキしながら答えます。 周瑩は水に浸かったお […]

月に咲く花の如く あらすじ54話

月に咲く花の如く あらすじ54話 「沈家との闘い」 周瑩から話を聞いた沈星移は上海から戻ると、父の沈四海に ことの真相を問いただします。 沈四海は、長男の月生の敵討ちだ…呉家の蔵で死んでいたのだ!偽造の証拠を見られて口を封じたに決まっている!と 怒ります。 沈星移は、呉家は無実なのに何の証拠があると?呉家に兄上を殺す理由はない。牢では拷問で偽りさえ事実になるのです。 父上は呉家ばかりか沈家まで窮地 […]

月に咲く花の如く あらすじ53話

月に咲く花の如く あらすじ53話 「残酷な真実」 周瑩は沈星移の取引相手の西洋人クラウディを訪ねると、 部屋の中からクラウディと沈星移の言い争う声が聞こえます。 周瑩は話の内容から沈星移が生糸を調達できなくなったと知って、〝今回赤字を出しても生糸を用意します。同質の生糸の卸値が市価を超えたら他の業者への乗り換えを許可しますから、 契約の範囲内なら10年間うちとだけ取り引きしてください″と 売り込み […]

月に咲く花の如く あらすじ52話

月に咲く花の如く あらすじ52話 「上海での一夜」 上海の沈星移の会社に杜明礼が突然現れます。 沈星移は使用人に、あいつは〝毒蛇″だから警戒するように指示します。 しかし、目ざとい杜明礼は査坤(さこん)に沈星移が西洋人との取引で儲けていることを突き止め、利用しようとします。 同じ頃、周瑩は春杏、福来、王世均と共に上海に到着し 上海電報局に入ると そこで偶然 星移と感動の再会をします。 周瑩は星移に […]

月に咲く花の如く あらすじ51話

月に咲く花の如く あらすじ51話 「悲痛な結末」 呉家から出て行くことを決めた周老四は、旅立つ前に周瑩に、再縁しろ。お前は男に頼らずとも生きていける。だが連れ合いは必要だ お前にふさわしいのは酒が飲めて賭けを恐れず お前を楽しませる奴だ。沈星移なんかぴったりだと思うぞ 奴に決めろ。お前も奴のことが好きなんだろ?と聞きます。 周瑩は、冗談はやめて。違う!と答えます。 周老四は、星移が描いてくれた絵を […]

月に咲く花の如く あらすじ50話

月に咲く花の如く あらすじ50話 「愚かな裏切り」 胡咏梅は木箱が失くなっていることに気づき焦ります。 一方、周瑩は胡咏梅の古月洋布店から客を取り戻すための巻き返し作戦が成功します。 周瑩を潰そうと店も土地も抵当に入れてしまっていた胡咏梅(こえいばい)は、反対に追い詰められ 保証金が戻ってこないと窮地に陥り杜明礼(とめいれい)に泣きながら助けを求めます。 杜明礼に冷たく突き放された胡咏梅は絶望しま […]

月に咲く花の如く あらすじ49話

月に咲く花の如く あらすじ49話 「捨て身の策略」 呉沢(ごたく)が郷試に合格し、呉家西院では盛大な祝宴が 催されていました。 しかし、呉沢は自分の祝い席にも出ず 趙白石とふたりで 酒を飲んでいました。 そこへ、呉漪(ごい)がごちそうを作ってやってきます。 一方、西院の宴席に出席していた周瑩は義母から、あなたを息子の嫁として見てたわ。だから神堂で再縁しないと誓った時は 心底 安心した…でも今は娘同 […]

月に咲く花の如く あらすじ48話

月に咲く花の如く あらすじ48話 「民富洋布の誕生」 趙白石が30歳若さで巡撫(じゅんぶ)に任命され昇進します。 同じ頃、目障りな趙白石を倒すことができなかった杜明礼は 貝勒(ぺいれ)から、百叩きの刑を与えられ、機器織布局を潰すように命令されます。 一方、趙白石は昇進は口封じのためと知り、軍需品の事案について密かに調べます。 その頃、星移は上海で周瑩の電報を心待ちにしていました。 そんな中、東院の […]

月に咲く花の如く あらすじ47話

月に咲く花の如く あらすじ47話 「驚きの新機軸」 周瑩は、使用人にも呉家東院の株を売るという画期的な方法で機器織布局を再建する資金10万両をかき集めます。 周瑩は、職を失ったために暴動を起こした王徳根(おうとくこん)ら機織職人を機器織布局の工員として雇い入れることにします。 そんな中、周瑩に上海にいる沈星移(しんせいい)から電報が届きますが、使用人が義母の鄭氏に、渡してしまいます。 上海から電報 […]

1 2 43