晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ7話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ7話 「死ぬべき者」 晩媚は任務を果たすため、妓楼で緑萼(りょくがく)と名乗り、韓修(かんしゅう)を惑わすような琴の演奏を披露します。 韓修は緑萼に、亡き恋人である妓女・芍薬(しゃくやく)を 重ね合わせます。 長安は、おとりとなって韓修の弟・韓玥(かんげつ)を外におびき出している間に、晩媚は芍薬に扮し韓修にとどめを刺そうとしていました。 韓修は、芍薬は死んだ…死人は […]

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ6話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ6話 「最強の〝影”」 城主の姹蘿 (たら)は〝絶殺”の流光を呼びつけ、〝影”の初十(しょと)の居場所を聞くと、流光の影の初十が裏切りを働いていると告げ成敗します それにより新しい“影”が腕比べによって選出されることになります。 晩媚は長安もこの腕比べに参加したと晩香から知らされると、 捨てられた気分になり悲しくなり涙を流します。 その頃、長安は見事に勝ち抜き、流光 […]

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ5話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ5話 「命懸けの願い」 晩媚(ばんび)は挂剣草を手に入れますが暗殺はできず任務は失敗します。 城主の姹蘿(たら) は晩媚と晩香の〝影”同士を戦わせ〝地殺”に昇格する者を決めると命じます。 毒を飲み血を吐く長安を心配する晩媚は負けを認めますが、 李嗣源(りしげん)の取りなしにより姹蘿 に取り消すように言います。 姹蘿 は城主になってからこんな屈辱は初めてだと激怒するの […]

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ4話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ4話 「初めての任務」 李嗣源は月影に、彼岸殿へ行ったのか?と問います。 月影は、挂剣草(けいけんそう)を奪う任務は新入り2人にさせますと答えます。 李嗣源はクスッと笑い、どちらを推す?と尋ねます。 月影は、晩香だけが沈墨の資料を渡されたゆえ もう姹蘿 (たら)の手下だと思うと答えます。 李嗣源は、姹蘿 は強者を好むゆえ晩香を気に入ったのだな… と言います。 月影は […]

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ3話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ3話 「水中の試練」 翌朝から晩媚は〝地殺”を目指し長安から、琴の音色で相手を挑発し破滅させる術を習い、晩媚の欠点を隠すような舞、字など厳しい修練を重ねます。 そんな ある日、湖に連れられて行った晩媚は長安に、湖に飛び込むように命じます。 湖に落とされた晩媚は死にかけ、長安に助けられます。 晩媚は長安に、あなたは優秀なのに なぜ影になどなったの?と問います。 長安は […]

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ2話

晩媚と影〜紅きロマンス あらすじ2話 「暗殺者の城」 目覚めた蘇七雪(そしちせつ)は人影に気づき、怯えながら部屋の中を逃げまわります。 人影は、その荒れた手 貧弱な腰つき 貧しい家の出と分かる…働きづめで髪もつやを失っている…器量の良い女でも  ここで生き抜くのは難しい…反抗的な女であれば死ぬよりも苦む…と話します。 蘇七雪は、近づいたら刺してやる!と言います。 男は蘇七雪の腕を取り、そんなもので […]

晩媚(ばんび)と影〜紅きロマンス あらすじ1話

「血に染まる傘」 ー西暦907年ー 唐を滅ぼし梁を建国した朱温(しゅおん)は晋に攻め込んだ… 晋王の李克用は梁を認めず、唐の年号〝天祐”を用い続け 唐朝復興を旗印に梁に抗ったため〝暗黒”と言われる五代十国時代が始まりる。 血みどろの戦いが続くと 暗殺組織が密かに現れ、軍や江湖を自由に渡り民を虐げる強欲な有力者を始末するようになる。 暗殺者は一軍の女たちで皆 金色の花が描かれている紅い傘を差している […]

月に咲く花の如く あらすじ74話(最終話)

月に咲く花の如く あらすじ74話(最終話) 「愛を貫いて」 西太后に気に入られた周瑩は爵位を授けられることになります。 その後、趙白石も西太后に拝謁し、沈星移から預かっていた日昌和の仕訳帳を光緒帝に提出したことで、郡王は処分されます。 両陛下が西安に帰る前の日、周瑩の前に沈星移が姿を現します。 沈星移は革命を起こすため西太后と光緒帝の暗殺を企てていたのでした。 光緒帝を崇拝する呉沢(ごたく)も同じ […]

月に咲く花の如く あらすじ73話

月に咲く花の如く あらすじ73話 「行幸を仰ぐ」 周瑩は社会の偏見の中、自ら生徒を集め女子学堂の開校式にこぎつけます。 そんな中、千紅は周瑩に、趙殿の件 どうするの?と問います。 周瑩は、たぶん…応じるべきだわ…と答えます。 千紅は、応じるべき?どうして?と問います。 周瑩は、彼ほど呉家に尽くしてくれた人はいない。添い遂げることが1番の恩返しになるわ…と答えます。 愛してるの?と問う千紅に周瑩は、 […]

月に咲く花の如く あらすじ72話

月に咲く花の如く あらすじ72話 「積年の願い」 沈星移は没落してしまった沈家に戻って、両親や先祖の廟に〝必ず この手で朝廷を覆して郡王を倒し敵を取ります”と誓います。 そして、隠してあった日昌和の仕訳帳を持って、荒れ果てた 屋敷の中を歩きます… すると そこに花嫁姿の周瑩が現れるのでした。 星移は、心は君と共にある…と告げます。 周瑩は、あなたには2万両もの懸賞金が かかっているのを知ってる?と […]

1 2 46