独孤皇后〜乱世に咲く花あらすじ 5話

独孤皇后〜乱世に咲く花あらすじ 5話 伽羅はすでに捕らわれていた家族と共に生きることを選び楊家を出て自ら牢に向かいます。 一方、魯国公の宇文邕は元恋人の伽羅を救おうと、伽羅に君ともう一度やり直したいと言います。 伽羅は、でも私たちはやり直せない…もう諦めて…と断ります。 宇文邕は、私に嫁げば君だけは救えると言います。   伽羅は、私だけ元の暮らしに戻るなんて…それにあなたは阿史那頌(あしなしょう) […]

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ4話

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ4話 宇文護は牢にいる独孤信の元を訪れ、家族のためにも隋国公の屋敷にいる娘の伽羅のためにも、言動は慎重にすべきです。私に力を貸すなら助けてやってもいい…と言います。 独孤信は、生き永らえるために この身を汚す気はないと 突き放します。 あなたが消えれば家族は生かしましょうと条件を出す宇文護に独孤信は、自害すれば家族の命は助けると?と聞きます。 その頃、雷が鳴り胸騒ぎ […]

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ3話

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ3話 山中に隠れた独孤伽羅と楊堅は、宇文会に見つかってしまいます。 一方、楊堅の弟・楊爽が、兄が狩の時に使っていた洞窟にいるのではないかと気がつき助けに向かっていました。 宇文会に殺されようとしていた楊堅と伽羅は、間一髪のところで楊堅の父、隨国公の楊忠と楊堅の弟たちに助けられるのでした。 伽羅は楊忠に、ありがとうございました…いつか恩返しさせてくださいとそこで別れよ […]

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ2話

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ2話 伽羅から私は他の女人と夫を共有する気はないの。側室は許さず 同じ寝所で寝て同じお墓に入るわ。それが嫌なら別の伴侶を探してと言われた楊堅は、世の中に女人はおおいが愛する人は1人でいい…と答えます。 伽羅と楊堅の結納の日、伽羅の姉である王后・独孤般若が 訪れます。 王后の希望で伽羅と楊堅は鼓舞を競うことに。 その頃、伽羅の父・独孤信と趙貴は宇文護から執拗に酒を勧め […]

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ1話

独孤皇后〜乱世に咲く花 あらすじ1話 戦乱が絶えなかった南北朝時代 北周の初期 戦乱の絶えぬ南北朝時代の北周、従弟の宇文毓(うぶんいく)を天王として擁立した大冢宰(だいちょうざい)の宇文護は政権を掌握し逆らう者を粛清していた。 有力者たちが不満を募らせ民が変革を待ち望む中 朝廷は政権強化を図るべく仏教を広め毎年盛大な灌仏会(かんぶつえ)を開いた。 その日は参席した信者たちが良縁と子宝を願う 1年の […]

コウラン伝 始皇帝の母 あらすじ24話

コウラン伝 始皇帝の母 あらすじ24話 嬴子傒の正室になった雅王女はコウランに会いに行き、 王様は呂不韋に白起の娘を嫁がせることにしたと子楚(嬴異人)から聞いた?呂不韋は文武に優れ前途揚々。多くの人が縁談を持ちかけたわ。でも全て断った。泣き妻を口実にして…でも私たちは知っている… その心に誰がいるのか…あなたは子楚に嫁いで離れ離れになっても誠意を尽くした。でも子楚は王位に就くために 羋絲蘿(びしら […]

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ27話

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ27話 「冷宮を出る日」 乾隆帝が如懿を冷宮から出そうとしているのでは?という噂が後宮に広まり、皇后、慧貴妃、嘉嬪、慎常在(阿箬)に衝撃が走ります。 慎常在は慧貴妃に、海貴人の食事に辰砂(ヒ素)を盛りましたよね?と疑います。 慧貴妃は、何を言うの!言いがかりはよして!あなたの仕業でしょう?日頃から嫌っているようだしと声を荒げます。 慎常在は、慧貴妃には及びま […]

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ26話

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ26話 「止まぬ攻撃」 宴が始まると皇太后は乾隆帝に、紹介したい人がいますと言って葉赫那拉意歓(えほならいかん)に歌舞を披露させます。 乾隆帝は意歓を気に入り、貴人に封じます。 慧貴妃が乾隆帝に、父が花火を用意したので野外に移動しては?と勧めます。 乾隆帝と妃嬪たちが楽しく花火を観賞していると、冷宮が火事になっていると伝えられます 如懿と惢心 は火の中で逃げ […]

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ25話

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ25話 「身ごもらぬ理由」 宮中で中元節の法事が行われていました。 冷宮で紙銭を燃やしていると皇太后に報告がされます。 皇太后の太監は、今日は故人をしのび宮中の厄を祓う法事なのに、あの者のせいで皇太后のお勤めが台無しに。見過ごすことはできませんと言います。 皇太后は冷宮に行き、如懿と惢心 に、そなたは私を呪い法事を台無しにしたと怒ります。 如懿は、これは紙銭 […]

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ24話

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~あらすじ24話 「ひそかな見守り」 ある夜、如懿のいる部屋にたくさんの毒蛇が現れ、悲鳴を聞いた凌雲徹が駆けつけ蛇を追い出してくれ、蛇に噛まれてしまった如懿の手の毒を吸い出してくれます。 凌雲徹は、一刻を争うから仕方なかった。無礼を許してほしいと言います。 如懿は、ありがとうと礼を言います。 凌雲徹は、あんなに毒蛇が集まるのは妙だ。夕方 変な物音を聞かなかったか?と尋 […]

1 2 83