霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ47話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ47話 「命がけの登山」 錦覓、月下仙人、彦佑の3人は、廉晁(れんちょう)を捜すため翼渺洲の蛇山の麓にやってきます。 月下仙人は、錦覓と彦佑に、霊力は制御され法術も意味を成さず自分の足で登らねばならぬ。この小道以外に頂上には行けないと話します。 そんな3人を茂みの中から見つめる男がいました。 3人の行く手にたくさんの毒蛇が出てくると彦佑が笛を吹き 追い払おうとし […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ46話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ46話 「穏やかな余生」 魔界では固城王が鎏英に、我が子も同然に思っている…今日 この宴席より これまでの恨みは水に流そうと提案します。 気にかけてくださり光栄ですと答える鎏英に固城王は、1日も早く父親の王位を継ぐのだ。ただお前は天界の神仙たちと親交を深め我々には反抗ばかりしている。自粛せねば魔族を統一できぬぞ。以前 私はお前の命を狙ったが、それはお前の心を鍛え […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ45話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ45話 「もう逃げない」 錦覓が天界から花界に帰ってきます。 長芳主は錦覓に、あなたは水神殿と風神殿の敵を討ち孝を尽くした。悲しみに沈むのはもうやめましょう。早く元気になって…と励まします。 錦覓は、教えてほしいことがあって来ました…私の家族の前で 真実を話してください…隕丹とは何なのです?と尋ねます。 なぜ そのことを?と問う長芳主に錦覓は、魘獣の吐いた夢の中 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ44話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ44話 「天界の混乱」 潤玉は天后に、旭鳳も、旭鳳の死を嘆き悲しんだ天帝も、自ら元神を破壊して滅びましたと伝えます。 嘘だ…絶対にあり得ぬ。私をだます気だろ!と攻撃します。 しかし、兵がやってきて潤玉を陛下と呼ぶのを聞いた天后は、 嘘だ…なぜだ…なぜ旭鳳の命を奪わねばならぬ!そなたが恨んでいるのは私だ。旭鳳はそなたを慕っていた。あの子に何の罪が?と泣き叫びます。 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ43話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ43話 「不穏な婚儀」 婚儀の前夜、天界では天兵たちが、別の天兵らによって倒され捕らえられていた。 婚儀の当日。新郎新婦の2人が入殿しても旭鳳は現ず、 天帝が吉刻は逃せぬと構わず始めようとしたところに、旭鳳が現れ、ゆっくりと2人の前に歩いてきます。 旭鳳は潤玉に、あれほど忠告したのに兄上が誤った道を進んだ結果 九霄雲殿(きゅうしょううんでん)が無実の兵のちで染ま […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ42話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ42話 「自分で生きる」 暮辞は天后に屍解天蚕(しかいてんさん)を体内に入れられ 霊力を食われ体が蝕まれていました。 鎏英は旭鳳に、火系法術を操る殿下の血なら救えると助けを求めます。 暮辞は旭鳳に、屍解天蚕を焼いてくださいと頼みます。 余命が10年になってしまうわと反対する鎏英に暮辞は、10年間 生きられる…操られる人生など御免だ。正々堂々と生き君を愛したいと告 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ41話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ41話 「父を救うために」 潤玉は花界に行き、芳主たちや老胡に贈り物を渡すと、喪に服す錦覓を見舞います。 芳主たちは、さりげなくすべて円満に解決してくれ、難しいことも軽やかに こなされるから助けられた側も素直に受け取れると褒め称えます。 潤玉は錦覓に、心配するな。水神殿の職務は私が代わりに行なっている。安心して喪に服せ。喪が明けたら少しずつ教えると 声をかけます […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ40話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ40話 「下手人さがし」 目覚めた錦覓は潤玉と旭鳳に、父上の夢を見たのと訴えます。 潤玉は、我慢せずに泣けばいい…君が元気になったら真相を究明しようと慰めます。 旭鳳も、何があろうと私は君のそばにいると告げます。 潤玉は、錦覓は私の許嫁だ。私がついているから お前の援助は要らぬと言い争いになり、 水神と風神が共に殺され衝撃を受けた錦覓は、2人とも 出て行って1人 […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ39話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ39話 「鳥族の食糧」 食糧難の鳥族を救うため首領である穂禾(すいか)は、天帝に天界の穀倉開放の上奏文を送りますが返事が届かず、 天界に行き天帝に直訴するしかないと考えていました。 上奏文は潤玉に燃やされていました。 食糧問題の未解決を責める長老たちに穂禾は、隠雀長老は数日前に魔尊と会っていた。天帝はその話に不満の意を示され鳥族をお疑いになった…私が釈明しなけれ […]

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ37話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ37話 「母の罪の報い」 温厚だった水神でしたが、錦覓を殺めようとしたことへの怒り、そして梓芬を死に追いやった恨みから、天后を殺そうと します。 しかし、その一撃を母をかばった旭鳳が受けると、母は先の花神に手をかけ…錦覓を傷つけた重罪人です。その罰は私が受けましょう…ですからどうか母の命はお助けに…と目を閉じます。 旭鳳の言葉を聞いた天帝は天后が梓芬を殺していた […]

1 2 58