あなたは贈りもの あらすじ38話

あなたは贈りもの あらすじ38話 「嫌がらせ」 ソンジンは母テファがチョリョンの死に関与していると知り衝撃を 受けます。 テファはソンジンに、私があの事件に巻き込まれたら、2人の関係や一緒にいた理由を調べられる。彼が あなたの実父だとバレてしまうのよ!私はあなたのために事故現場から逃げたの。あなたを守るためにと弁解します。 一方、ヨンエはヒョンスの実家を訪ね、ヒョンスとドジンのことは応援できません […]

あなたは贈りもの あらすじ37話

あなたは贈りもの あらすじ37話 「不安の正体は」 ヨンエは訪ねてきたファン刑事からユンホが生きていると聞かされ どういうことなのか分からず困惑します。 ファン刑事は、身元不明者の調査をしたところ〝愛の家〟のイ・ウジンさんがユンホさんかと思うと伝えます。 その様子を見つめるテファは何が起きているのか分からず、不安で 仕方ないのでした。 そんな中、マ会長はドジンにセラとの結婚を命じます。 ドジンは、 […]

あなたは贈りもの あらすじ36話

あなたは贈りもの あらすじ36話 「すべてを知って」 セラはドジンが姑のヨンエの義理の息子だとバラしたい衝動にかられ ヒョンスに水をかけようとします。 ドジンが止めに入りセラに、頼むから俺を自由にしてくれと懇願します。 セラは、できない!あなたが必要なの。いっそ死ねと言って!目の前で死んでやる!と興奮し叫びます。 セラは会長にヒョンスがヨンエの嫁だと話そうと会長室で待ってると母親がやってきます。 […]

あなたは贈りもの あらすじ35話

あなたは贈り物 あらすじ35話 「秘密を知る人物が」 ドジンはスニと一緒に「愛の家」にやってくると、そこでヨンエと鉢合わせになります。 スニがヨンエをユンホのお母さんと呼ぶのを聞いたドジンは、ヒョンスがヨンエの嫁だという事実を知って愕然とします。 その頃、オフィスにテファとチョリョンの写真が送られてきて驚いた ソンジンは母のテファに、チョリョンは僕の実父ですね?と聞きます。 驚いたテファは必死にな […]

あなたは贈り物 あらすじ34話

あなたは贈り物 あらすじ34話 「二人を別れさせて」 ヨンエはヒョンスとドジンのことを考えた末ヒョンスに、ユンホを 7年も経ったし行方不明のままにできないから死亡届を出すことを説得します。 承諾しないヒョンスにヨンエは、ユンホを忘れなさい。忘れてもいいのと話します。 一方、セラからヒョンスとは絶対に結ばれない。理由はお母様が知ってるわと言われたドンスはヨンエを呼び出します。 そんな中、母親同士の約 […]

あなたは贈りもの あらすじ33話

あなたは贈りもの あらすじ33話 「あなたは生きている」 スニは施設〝愛の家〟で、眠るユンホにそっくりなウジンと出会います。 スニは理解できず、どうして寝ているの?私が来たのよと揺り動かし 施設の職員に見つかってしまいます。 一方、ヒョンスとドジンたちは、スニを必死に捜していました。 ドジンは防犯カメラからスニが〝愛の家〟の入院患者と間違われたことが分かり、そこに向かいます。 スニからユンホのこと […]

あなたは贈りもの あらすじ32話

あなたは贈りもの あらすじ32話 「次の計画」 テファが夜遅くマ会長の家に突然やって来ます。 マ会長はテファの態度に怒りを抑えきれず、今すぐ出て行けと大声を出します。 その頃、セラの母ミランはセラをソンジンと結婚させようとテファと手を組みます。 一方、ヒョリムはソンジンとの関係を清算しましたが、やっぱり私はあなたから離れられないと戻ることを決断します。 その頃、ドジンはハンソルから再生不良性貧血と […]

あなたは贈りもの あらすじ31話

あなたは贈りもの あらすじ31話 「長男の裏切り」 投資契約式が始まろうとしているのに、ヒョンスの姿がないことを 心配したドジンは捜しに行こうとします。 しかし、セラはヒョンスを閉じ込め何食わぬ顔しドジンに、先方の代表が着くのに席を外したらまずいわと引き止めます。 そこに、ヒョンスがサンプル室に閉じ込められたと汚れた格好で入ってきます。 そして、投資会社の代表として現れたテファに、長男のソンジン以 […]

あなたは贈りもの あらすじ30話

あなたは贈りもの あらすじ30話 「忘れられない」 ソンジンに呼び出された会社にやってきたヨンエは、ドジンとヒョンスが親しそうに話しているのを見て驚きます。 ヨンエはドジンが以前告白して振られた女性がヒョンソだと気がつき 動揺します。 悩んだ末にヨンエはヒョンスに、あなたが付き合ってる室長をどう思ってるの?と聞きます。 ヒョンスは、いい人ですが それだけですと答えます。 ヨンエは、彼はあなたに気が […]

あなたは贈りもの あらすじ29話

あなたは贈りもの あらすじ29話 「これからを同僚として」 デザインコンペの結果は、2人のデザインに優劣がつけれないほど 似ていたので一緒に協力して進めるようにとマ会長から告げられます。 ヒョンスとドジンは大喜びしますが、セラは悔しくてたまらないのでした。 ヒョンスはドジンに、今後は私も会社に勤めるから、呼び方を変え〝室長〟と呼ぶわと距離を置こうとします。 一方、セラはどんな手を使ってでもヒョンス […]

1 67 78